満月(+)期の過ごし方 〜流れに乗って、楽しく、楽に!一番は自分流〜

日々色々ある中で少しでも楽(たの)しく、楽(らく)に! を増やすべくお月さまの力を借りて実践中の月よみ師かおです。

あなたの楽しく、楽に! につながる「お月さまのリズムに乗る方法」をお伝えします。

明日、21日23:40に蟹座で上弦の月を迎えます。
そこから29日の天秤座満月に向けての満月(+)期の過ごし方について今回はお届けします。

満月(+)期ってナニ?

お月さまにはいろんな形がありますよね。
その代表的な形は4つ

○新月(目に見えないお月さま)
○上弦の月(新月から満月へ満ちていく途中の半月)
○満月(まん丸お月さま)
○下弦の月(満月から新月へ欠けていく途中の半月)

そして4つの形の間の期間を
○新月(+)期(新月から上弦の月の間)
○満月(+)期(上弦の月から満月の間)
○満月(-)期(満月から下弦の月の間)
○新月(ー)期(下弦の月から新月の間)
といいます。

満月(+)期はどんな期間?

この時期は「ゴールに向かって完成させたい」という潜在欲求があり、「達成欲求」が強く現れてきます。

キーワードとして
満ちていくパワー、行動力、出逢い力、形にする力、完成させる力、システム化、計画性、集める力、資産、財産、お金、引き寄せ、シンクロ、人脈、つながる力、などがあります。

一つ前の新月(+)期では「自分」を認識します。
(新月(+)期についてはまたの機会に詳しくお伝えしますのでお楽しみに^^)

自分の思考や行動を確認後、満月(+)期では完成させるために足りないものを取りこんだり、他者との関わりをとおして”完成”に向かいます。

ここで自分と他者との思考やペースの違いを学んだりもします。

この時期お月さまのエネルギーを受けやすい臓器が肝臓。
食べることを整えるのがよい時期でもあります。

オススメの行動は、唾液をいっぱい出すこと。

この時期は、取りこみたい欲求で食欲がアップし、食べ過ぎが起こりやすくなるため消化器官に負担がかかります。

そこで最初の消化液である唾液をいっぱい出しいつも頑張ってくれている消化器管を助けましょう!

方法はアゴのラインにある三大唾液腺のマッサージです!

場所は耳の下からアゴにかけて上から耳下腺(じかせん)、顎下線(がくかせん)、舌下腺(ぜつかせん)と並んでいるので、そこを刺激するとじんわりと唾液が出てきます。

場所がわからない〜という方はアゴの骨を真下からグーと順番に押してみて!
じんわり唾液が出てきたところが唾液腺です。

唾液腺ではないところもマッサージしてみて!リンパが流れるので顔のむくみもとれて小顔になり、消化も助け一石二鳥!
ご自身の体と向き合って探してみて下さい。

食事の前に唾液腺を刺激して唾液をいっぱい出し、食物をたくさん噛んでまた唾液が出る。

口の段階で食べ物が小さくなればなるほど、胃以降の消化器官の負担が軽減され、そしてたくさん噛むと満腹中枢も刺激され食べる量も抑えられます。

マスク生活による口内の乾燥で雑菌が増えたり、感染率があがりやすいので、食事前だけでなく乾燥を感じた時に唾液腺マッサージをしてみるのもいいと思います。

この期間のお月さまは、健康がキーワードの乙女座も経由するので、嬉しいことにお星さまの後押しもありますよ。

自分の気になるキーワードにフォーカスして取り組むのもよいですが、たくさんの効果が期待できるアゴラインのマッサージどうぞお試しくださいませ。

今回もなりたい自分になるためにお月さまの力を借りましょ。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今日の出逢いに感謝です^^

あなたも流れに乗って、楽(たの)しく、楽(らく)に…

月よみ師のプロフィール

月よみ師 かお
3世代6人家族滋賀県在住。

未収入の私が自分のためにお金を使うことに抵抗がありました。
義母から「子どもが小さい間は家に」と言われ、学校へ行く頃には仕事をと思っていたら介護が始まり、気づけば数年……。

ふと、このままでは自分のために使える時間がなくなると危機感を覚え、何か始めようと思い立ちました。
しかしその「何か」が解らず、なるべくお金をかけずに講座や体験会へ参加する日々。
そんなとき図書館で「月星座」の本を見つけ、今までの星座占いと違うの?とゾワゾワを感じ、月よみの世界に飛び込みました。

お月さまから自分の好きや得意がわかったり心身を整えたりすることができます。
あなたも私と一緒にお月さまの力をかりて自分らしく楽(たの)しく、楽(らく)に生きるヒントをもらいませんか?