月よみ

お出かけできない! そんな時はお取り寄せで『月』を取り入れる ~日本酒編2~

運とツキを味方につけて、望む未来を手に入れる、九星氣学鑑定士&月よみ師 大竹由起子です。

新年度に入り、昨日、4月12日11時31分にははじめての新月を迎えました。
今回の牡羊座新月は、新たなことを始めたり、仕切り直しにもピッタリ。
コロナ禍も第4波に突入してしまったともいわれていて、なんだか2年続けて手放しで楽しめない気分で春を迎えてしまった方も多いでしょう。
そんな気持ちもこの新月でリセットして、軽やかに過ごしたいところです。

さて、前回の記事では『逆月』にもピッタリの日本酒をご紹介しました。

お出かけできない!そんな時はお取り寄せで『月』を取り入れる~日本酒編~
https://tsukiyomi-magazine.com/2021/03/10/post-19088/

日本では古来から、お酒といえば、お米から作られる日本酒。
お米は、日本人の元氣の源。
『氣』の文字の真ん中は、米の字であることからも、エネルギーに溢れているのです。
そして、全国には日本酒の美味しい蔵元が数多く存在します。
ですが、近年の「日本酒離れ」により、貴重な蔵元が存続の危機にある、というお話を見聞きしたこともあるはず。
日本酒の美味しさ、素晴らしさを知らないのではもったいない!との想いで、ご紹介させていただきました。
ですが、前回だけではご紹介しきれなかったお品が、まだまだあります。
そして、国内には日本酒以外にも、月と深い関わりのあるお酒が造られています。

そこで今回は、自称 酒好きの月よみ師 の私がお勧めする『月にまつわるお酒』を、パート2としてご紹介します。

ワインのようなボトルで贈答用にもお勧め『山形県WAKAZE  ORBIA』

ワイン樽で熟成した日本酒「ORBIA」シリーズ

“「世界で飲まれる日本酒を造りたい」と考え、イタリアンやフレンチなどの洋食と合わせることのできる日本酒を開発しました。
洋食の油脂分の多さや、ボリュームのある味付けに釣り合うような「ボティの強い酒質」とワイングラスで飲んだ時に楽しめる「香りの芳醇さ」を追い求め、造り上げたのが「ORBIA(オルビア)」です。
果実味ある香りに食欲が刺激され、自然で心地よい酸味と米由来の優しい甘みが食事を包み込み、食卓に新しい風を吹かせてくれる、そんなお酒です。
芳醇な香りはオーク樽熟成によってもたらされます。
ORBIAシリーズは全て「ワインの貯蔵に使われていたオーク樽」を使用することで、ぶどうの複雑味溢れるフルーティな香りや、オーク樽の持つややスモーキーでバニラのような甘い香りを手に入れています。“

ワインのようなボトルがおしゃれですね!
今回は「月」にちなんでLUNA、そしてブルーのボトルが美しいGAIAをチョイスしてみました。

《大人のデザート酒》ワイン樽熟成日本酒
~ORBIA LUNA~
500㎖  ¥2,860
https://www.wakaze-store.com/collections/orbia/products/luna

ラテン語で月を意味するLUNA(ルナ)
「ORBIA(オルビア)」は日本酒をワイン樽で熟成したお酒です。
ハチミツやバニラのような甘い薫りと相まって綺麗なお米由来の甘みの余韻が続きます。
デザート酒としても人気だそうです。

確かに、普通の日本酒とは違う甘い香り、お味も甘く飲みやすいので、ついつい飲みすぎてしまいそうです。
食前酒によさそうですね。

《バランスの整った味わい》ワイン樽熟成日本酒
~ORBIA GAIA ~
500㎖ ¥3,146
https://www.wakaze-store.com/collections/orbia/products/gaia

ラテン語で《地球》を意味するGAIA。
リンゴを思わせる爽やかな酸味と甘みがバランスした味わいに、赤ワイン樽熟成による芳醇な香りも合わさった贅沢な日本酒です。

こちらのほうが甘みが少ないので、どんなお料理にも合いそうです。
今回は冷やして飲みましたが、メーカーのサイトではホットもお勧めされていますので、次は熱燗でいただいてみたいです。

メーカーのWAKAZEさんの「日本酒を世界酒にする」ことを通じて、世の中に新しい“価値”を創造して、世界中の食卓に驚きと笑顔と感動を生み出していくというヴィジョン。
“ワクワクするSAKE造りを通じて、人生をより豊かにする”という言葉には、応援したくなりますね!

https://www.wakaze.jp/

カクテル感覚で飲みやすい『梅乃宿酒造 月うさぎ』

見た目もかわいく、飲みきりサイズ。
度数も6%なので、お酒の弱い方でも試しやすいお酒です。
しかも微発泡で甘いので、女子にピッタリ!
グラスに移して、スパークリングカクテルとして色も見てたのしめます。
私のお勧めは、目にも優しそうな「ブルーべリー」です!

月うさぎ ナチュラル
300ml ¥715
https://www.umenoya-honpo.com/products/22

“お米の持つ本来の味を活かした、華やかな香りの低アルコール微発泡酒。
ほのかな甘みとデリケートな泡が魅力の、低アルコールの飲みやすい微発泡酒です。
ビン内二次発酵で生じた持続性のあるきめ細やかな泡と華やかな香り、低アルコールならではのやさしい口あたりが魅力です。
キンと冷やして、和食はもちろん、イタリアンやフレンチなど、洋食とのマリアージュもお試しください。“

月うさぎ ピーチ
300ml ¥715
https://www.umenoya-honpo.com/products/38

“低アルコール、微発泡が特徴の、ピーチ色のにごり酒です。日本酒に桃果汁をブレンドし、日本酒本来の甘さと桃の甘さを絶妙なバランスで共存させました。ビン内二次発酵で生じたきめ細かな泡により、爽やかなのどごしも実現しています。キンと冷やして、食前酒はもちろん、デザート酒としてもお楽しみください。”

月うさぎ ブルーベリー
300ml ¥715
https://www.umenoya-honpo.com/products/23

“淡いロゼ色をした低アルコールの微発泡酒です。ブルーベリー果汁をブレンドし、甘味と酸味をほどよいバランスで共存させました。ビン内二次発酵で生じた持続性のあるきめ細やかな泡により、女性にも好まれる爽やかなスパークリング酒ができました。キンと冷やして、デザートワインのようにシャンパングラスでお楽しみください。”

梅乃宿酒造さんは、新しい酒文化を創造する蔵として、日本酒の未来を見据えた新しい取り組みに挑戦されています。
日本酒のおいしさを求めながら楽しさも探っていくこと。
こだわるのは、カテゴリーや名称ではなく、飲む人の笑顔でありたい。
人を幸せにする酒造りに挑戦しているその姿に感銘を覚えます。

https://www.umenoyado.com/

月読神社由来の『福岡 紅乙女酒造 月読の雫』

フレンチオーク樽に貯蔵したごま焼酎を中心に、長期貯蔵の焼酎のブレンドで作り上げた、琥珀色のごま焼酎です。
ごまの焼酎ははじめてでしたが、香ばしい香りがクセになります。
お勧めのハイボールも試してみました。
豊かなごまと樽の風味と炭酸の爽快感が絶妙!でした。

月読の雫 25度
720ml    1,430円
https://beniotome.stands.fun/shop/tsukiyomi

“胡麻祥酎紅乙女は麦・米麹に胡麻を加え発酵・蒸留させた世界で初めての蒸留酒です。
胡麻は昔から「食べる丸薬」と言われ栄養価が高く、優れた健康食品として知られており独特の風味・旨みの源泉となっています。
月読の雫の名前の由来は「三夜さま」の愛称で親しまれている月読神社(福岡県久留米市田主丸町)より月読の名前を頂き、雫は当社で丹念に製造した焼酎の雫からネーミングしました。
樫樽で長期貯蔵した胡麻祥酎と樫樽で長期貯蔵した麦焼酎をブレンドした商品です。
樫樽熟成の甘いバニラ香と胡麻のふくよかな香りが調和したハーモニーと円やかな味わいが特徴です。
胡麻の上品な香りとまろやかな味わいが特徴です。 ごま祥酎のスタンダードです。”

Amazonでも購入できます。
https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%85%E4%B9%99%E5%A5%B3%E9%85%92%E9%80%A0-25%C2%B0%E6%9C%88%E8%AA%AD%E3%81%AE%E9%9B%AB/dp/B006UAAE6E/ref=pd_ybh_a_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=4V5ET9CVZXD0SVA4KFYH

飲めば、福岡の月読神社さんのご利益もいただけるかも?

******************************

今回も、『月にまつわるお酒』をご紹介しましたが、いかがでしたか?
お気に入りのお酒で、気分をリセットして軽やかにいきたいですね!

お出かけできない時は、ご紹介したようなお取り寄せを活用して、その土地のいい氣をいただいたり『Google Map』を活用して、お参りしたい神社を訪れる『バーチャル詣』でいい氣をいただきましょう。
そして、コロナ禍が少しでも早く終息し、お気に入りのお酒をみんなと楽しめるような、幸せな未来が訪れますように、祈ってみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*九星氣学のサイト 運を味方につける!happiad ハピ*アド
https://happiad.com/

*おかげさまで3年目に突入!良きつきを引き寄せるサロン
AquaLuna アクアルーナ
https://salon-aqualuna.com/

 

 

ライタープロフィール

大竹由起子 月よみ師
静岡県浜松市在住。
身内の相次ぐ死、家業の鉄工場を継いだ夫のサポート、家事、育児、祖母の介護を経験。
不安とストレスでいっぱいな時、九星氣学に出会い、仕事や私生活に活かしていこうと学ぶうち、鑑定士資格取得。
同じように思い悩む方の力に少しでもなれたら、と個人鑑定・イベント出店などの活動開始。
さらにインストラクター資格取得、講師としても活動を広げている。

様々なお悩みをきくうちに、ココロとカラダは繋がっていることを実感、特に女性と月との関係性に注目し、月よみ師資格取得。
今後は、運とツキを味方につけてハッピーライフを送れるよう、さらに多角的なアプローチで、アドバイス活動を行う。
Return Top