現役看護師が語る! 知っておくと得する月星座とカラダの話 ~射手座&山羊座編~

こんにちは。月よみ師®いろはです。
12星座を順に毎月2つずつ取りあげ、看護師目線の情報を交え、月星座の情報をお伝えしています。
5回目の今月は月星座『射手座』と『山羊座』です。
はじめに、太陽星座と月星座確について確認しておきましょう。

太陽星座は自分が生まれたときに、太陽が何座にあったかを示すもの。
「社会という外の世界の中で生きていく上でつくられる性質や傾向、努力して身につけていくもの」

月星座は自分が生まれたときに、月が何座にあったかを示すもの。
「ありのままの素の自分」を表すと言われていて、両者のバランスを意識することで、「本来の自分らしさ」が発見できるのです。

自分の月星座の調べ方はこちらでチェックを!
https://tsukiyomi-magazine.com/page-4790/
そして、今日の月星座が何か調べるにはこちらをチェック!
https://tsukiyomi-magazine.com/page-5066/

月星座と身体の関係

星座と私たちの体は古くから結びつけられて考えられています。
星座には支配パーツというものがあり、その日の月星座に対応する身体のパーツに対して、何か良いことをしてあげると体が喜びます。
例えば栄養を与えたり、休ませたり、ケアをすることです。
反対に、月星座が対応する身体のパーツに負担がかかる場合、よりダメージが大きくなってしまうので注意しましょう。
では、今回の月星座、射手座山羊座の対応する身体のパーツをみていきます。

月星座が射手座の時は、「太もも・お尻」に影響を受けやすい

射手座は全体を把握する広い視野で考えるので、「旅」とも関わりの深い星座と言われます。一か所にとどまらず、あらゆるところに動いていくことを好みます。
そのため、動くときに一番使う大腿部臀部に影響を受けやすく、大腿のトラブル坐骨神経痛は射手座と関連するというわけです。

射手座の特徴は
射手座の人は一言でいうと「教師」のような人。
探求心が強く、興味のあることはとことん突き詰め、「真実」にたどり着きます。
それを人に伝え、分かち合いたいと思うことが特徴的です。
とても社交的で、会話好きで、楽観的でもあります。
「真実」を重視するため、人間関係でも偽りを嫌います。
体に現れる不調を心の観点から解釈するとき、坐骨神経痛は不安や心配が原因で起こっている場合があります。
不安や心配が先にあると、行動に移すことができず、射手座のテーマである真理の探究ができないことから、そのような見方がされます。

そこで今回注目するのは「坐骨神経痛」です!

坐骨神経痛の原因は整形外科的な疾患のみではなく、内科系疾患や婦人科系疾患など多岐に渡るため多くの人が経験しています。

そもそも坐骨神経とは、
『脊髄から枝のように全身に伸びている神経を末梢神経といい、坐骨神経はそのなかでも最も太く長い神経で、お尻から太ももの後ろ側を通り、ふくらはぎや足先へとつながっています』
坐骨神経痛とは、この座骨神経に関連して生じる痛みの総称を指します。

保存的治療(出血させずに治療する方法)が基本です。
手術は最終的な手段です。
問診や主な症状、それに伴って出る症状に応じて必要な検査がされ、原因を探ります。

実は私も坐骨神経痛です。
私の場合、長時間パソコンに向かうと右の太ももからふくらはぎにしびれ痛い感じで症状が出てきます。立ち上がり足を動かしていると改善してきます。
私は腰痛に由来する坐骨神経痛ですが、このような症状の方が結構いらっしゃいます。

一般的には以下の2点に留意します。
安静:強い痛みのあるときは無理に動かさない。
運動:痛みがおさまったら積極的に運動を行い、ストレッチで固くなった筋肉をほぐす。

ただし、自分の勝手な判断や思い込みで逆効果にならないよう、原因により医師の指導のもとで行なう必要があるのでご注意下さい。

月星座が射手座の日にぜひお勧めしたいのは、
「太もも・お尻」に関係する運動です。

引き締めたい部位の1位に入るのではないかと思える「太もも」「お尻」
満ちていく月の時期にはスクワットでヒップアップ、欠けていく時期にはマッサージで徹底的に絞っていきましょう!

月星座が山羊座時は「膝・関節・骨・歯」に影響を受けやすい

山羊座は、均衡感覚と対応します。均衡感覚のわかりやすいイメージは、狭い崖の上に直立するヤギです。そのため、身体的には、骨格などの身体を支える部分に対応します。

山羊座の特徴は
やぎ座の人には「忍耐強い」という言葉が似合います。
山羊座の人は、伝統を重んじ、規則に忠実な一面があります。
友人、恋人、家族、先輩後輩など、あらゆる関係において、自分の責任を全うします。
仕事では几帳面で、細部に気を使うので、管理者的な立場になります。

必要以上に気を遣ってしまう性格で思ったことを伝えるのも苦手なため、人と協力して物事を進めるよりも、一人でやったほうが楽という考えを持っています。
何事にも慎重で用心深く、危険なことは好みません。非常に優しい性格で、その性格から、年上の人に好かれ、年上の人と接する機会が多いでしょう。

今回私が注目するのは「歯」です!
歯の役割は、
食事やおやつの時に、食べ物を細かく噛み砕いて消化しやすくする役割はもちろん、実は「発音を助ける」「表情を作る」「体の姿勢やバランスを保つ」「ものを噛むことで脳に刺激を与える」など、私たちの毎日の暮らしに不可欠な役割も担っています。
今回、ちょっと変わった治療を紹介します。

みなさん、埋伏歯(まいふくし)って聞いたことありますか?
埋伏歯とは、その歯が生える時期を過ぎても生えてこず、歯が歯茎の中や顎の骨の中に埋まっている状態の歯のことをいいます。
上あごの犬歯によくみられ、男女比では女子の方が二倍の発現率なのだそうです。
その原因は、歯の種となるところの位置異常や、狭い顎、乳歯が早くに抜ける、歯の数が多い)、嚢胞(のうほう:病的な袋状のもの)等で邪魔されている、などが考えられます。
埋伏歯をそのままにしておくと、隣りの歯の根を圧迫し溶かしてしまったり、その歯が本来生える場所に両隣りの歯が倒れこんできたり、噛み合わせが悪くなったりします。

また、 気圧の変化により歯が痛むことを「航空性歯痛」といいます。
パイロットは、人の命を預かるとても大変な仕事で、高い集中力が必要不可欠です。
空の安全を守るため、パイロットは歯をきちんと治療しておくことが重要です。
パイロットを目指す人は、入院して一気に4本の親知らずを抜く治療をすることがあります。
顎は腫れ、痛みで口が開けられず、食べることもままならない。
親知らず一本でもきついのですが、4本です。
高熱が出て退院まで約一週間はかなりキツイ!!
パイロットにならないまでも、飛行機に乗るとき、気圧の変化で虫歯が痛みだすことがあります。予定がある人は、早めの治療を!

月星座が山羊座の日にぜひお勧めしたいのは、歯科検診や歯の治療に行くことです。
治療や検診はもちろん、歯のホワイトニングなど美容面でのケアも行うといいでしょう。

今日の月は何座? を意識しませんか

人にはみんな違う個性があるように、星座にも、それぞれ得意な分野や性格のようなものがあります。
月は1つの星座を2~3日で移動しているため、今日は何座なのか情報をキャッチし、
その日の星座を知り、星座の個性を活かした行動する!
月のサイクルを意識して過ごす!

健康だと臓器を意識しませんが、月星座が支配する身体のパーツを知り、日々身体に感謝する生活を送りましょう。
好きなケアを好きな時にして、その人らしく、健康でいられるヒントになれば嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ルナロジー創始者Keikoさんが好きでリスペクトしながら参考にし、日々の楽しさとともに開運アクションシェアするブログを毎日書いています!
開運アクションを行ない、思考の柔軟さや臨機応変に対応することの訓練になっています。
自称作務衣のプロフェッショナルとして、日本の素晴らしい文化の一つである作務衣にハマリ、日夜作成している様子やその素晴らしさを世界に広げる活動する野望も展開中
毎日更新しています。良かったらのぞいて下さいね。
https://note.com/iroha825/n/n71fbaad46f84

月よみ師のプロフィール

いろは 月よみ師
岩手県出身 看護師。
26歳で結婚し現在まで現役で働いています。家族構成は夫と子供2人。

2018年、職場の同僚から月星座の話を聞き、なぜ自分がそう考えそう動くのか、自分の思考や行動の癖に気づく。
そこから月や宇宙のサインにはまる。
月よみ師の講座を受講し、自分自身と対峙することに。
周りの人の存在や今あることへの感謝、自然へと関心が広がっているところです。
現在は、実習生の指導に月星座、宿曜を活用して、個性を活かし活躍できる人材を育てるために奮闘中です。