カラダが変わればココロも変わる ~カラダの声を聴いてみよう ~宿曜別ヘルスケア(亢宿・氐宿・房宿・心宿)

皆さまこんにちは。目にも優しい新緑まぶしい季節となりましたね。
月よみ師®長谷川よしこです。

第4回目の投稿となります今回は、亢宿(こうしゅく)・氐宿(ていしゅく)・房宿(ぼうしゅく)・心宿(しんしゅく)の宿曜別にみるヘルスケアをお伝えしていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

まもなくゴールデンウィークを迎えますが、ご予定はお決まりですか?
何かと規制の多いこのご時世、ストレスを貯めず上手に発散できるよう過ごしたいものです。

なんと私は、遠出もできないゴールデンウィーク中に、最も苦手な断捨離を試みようかと思っております。

先日、満開の桜を愛でながら日本庭園の素敵なレストランでとあるランチ会に参加いたしました。
そのランチ会に断捨離トレーナーさんも参加されていて、「何も考えずにパッパッと捨ててしまうと、また同じものを買ってしまう」と教えていただきまして、なるほど! だからときめくか? ときめかないか? 一つずつ向き合っているのかと妙に納得し、この連休に挑戦してみようと思い立ったのです。

数日で片付く量ではないので全く自信ありませんが、「始めなければ終わらない」当たり前ですがはじめの一歩を宣言したいと思いました。
自分自身と向き合い潜在意識にも繋がりそうなので良い機会となりそうです! 結果は次回に……。

月に影響を受けやすい部位と潜在的なココロの課題

【亢宿・こうしゅく】
自尊心の高い仕事上手な「亢宿」は、胸に症状が出たら要注意

動悸・頻脈・息切れ・咳・胸の痛みなど胸のあたりにトラブルがあるなら、正義感や前に出すぎることが人間関係に悪影響を与えている可能性があります。相手に合わせられずに孤立しているのかもしれません。

動悸:自分の人生を管理できない恐れ ものごとの具体的把握ができない
咳(空咳):パーソナルスペースを保ちたい
深い咳:涙の代わり・泣きたい気分をいつも抑えている・感謝を要求したい・あるいは感謝を受け取れない

【氐宿・ていしゅく】
人の気持ちをつかむ世話好きな「氐宿」は、みぞおちに症状が出たら要注意

みぞおちあたり(胸の奥やココロ)に重みや痛みを感じたら、落ち込んで自信がなくなっている状態かもしれません。こだわりすぎ、執着しすぎなのでは?
胸を張り姿勢を正して、自分が本当に望むことをしているのか、執着心からきていることなのか考えてみましょう。

【房宿・ぼうしゅく】
貫禄ある自信家の「房宿」は、右ひじに関節炎・怪我をする・痛み・傷症状が出たら要注意

生まれたときから恵まれている人が多く、苦労の経験が少なく人のココロの痛みに鈍感になりがちなのでそれが表面に出てしまっているかもしれません。

ひじ:変化・方向性の転換への抵抗

【心宿・しんしゅく】
機知ある甘え上手の「心宿」は、左ひじに関節炎・怪我をする・痛み・傷症状が出たら要注意

外ではものすごく人に合わせる反面、人からの干渉を徹底的に避ける二面性があるのが特徴なため、その二面性が悪い方向に出ているかもしれません。自分を客観的に見る目を失わないことが大事です。

ひじ:変化・方向性の転換への抵抗

今回は、カラダの中心部であります胸・みぞおち・ひじについてでしたが、その中でも「胸」についてのヘルスケアをお話ししたいと思います。

胸の位置は「私」の生じる場所なのだそうです。

「私が~」などと話始めるときに胸に手を当てて表現しませんか? 他の部位に手を当てて「私が~」なんて表現はしませんよね⁈

胸には第4チャクラが位置しています。

チャクラとは、サンスクリット語で「車輪」もしくは「円」を意味し、ヨガにおいては「渦巻」といった意味になります。
精神的エネルギーの渦であり、ある特定のバイブレーションをもつエネルギーが円状に循環する動きです。カラダでは、神経叢や内分泌系が大きな中継点となります。

第4チャクラとはハートチャクラとも呼ばれ、愛と自由のチャクラで心臓の鼓動を支えるエネルギーの流れです。

ここが不活性になると、人との距離感がつかめなくなり、一方で「依存」や「行き過ぎた感情移入」、一方で「孤立感」や「深い悲しみ」にさいなまれることになります。

また、十分に自分が満たされないまま人をサポートし続けると、やがて疲労困憊し、結果、相手を非難してしまうことになりかねません。

色は緑で、愛の中枢・人間関係・人との距離・自己フィールドが投影されます。感謝・許し・受容・共感に重要なチャクラです。

ハートチャクラを活性化させるには?

前回もお話ししましたように自分自身を愛すること。まずはカラダを癒してあげること。

自分癒しの時間をとるように心がけると、ココロにも余裕が生まれてきますね。
そのココロのゆとりが人への寛容さを生み、自己肯定感を高められることにも繋がります。
まさに愛の循環です。

ゴールデンウィーク中にお時間ありましたら、是非自分の癒し時間を作ってみませんか?
自分を愛することから始めましょう。
ハートチャクラを開く瞑想やヨガなどもいいですね。

それではまた次回までごきげんよう。
~愛と感謝を込めて~

月よみ師のプロフィール

長谷川よし子 月よみ師
1970年東京生まれ生まれ育った地元で家族4人暮らし数年前に子どもが原因不明の急性脳症で生死をさまよい、原因究明に駆けずり回っていた頃「心と身体は繋がっているのでは?」という疑問から辿り着いたのが自然治癒学校でした。月よみやibマッピングを学び、そこから自分探しの旅が始まりました。月よみを通して思考や意識に変化が出始め行動までもが変わってくると、周りの景色が好転しました。その大きな気づきから、女性の永遠のテーマである『美容と健康』をメインに、これからの人生を自分らしく楽しく過ごすために役立つ情報を発信していきます!!