発酵食を食べればあなたの魅力がアップする! ~月星座しし座編~

こんにちは。月よみ師の静花です。
4月後半に差し掛かり、新緑の緑が気持ちいい季節になりました。

様々な花が咲き、私たちを和ませてくれています。自然の変化に気付ける心を忘れずにいたいですね。

今回も発酵食のことをお伝えします。
発酵食は、消化吸収を助ける、栄養価がアップする、免疫系のバランスを整える、食べ物を美味しくする、幸せ力のアップ、美肌につながる、やせやすくなる……など、私たちの心と体に働き嬉しい効果があります。

発酵食と腸の関係が深いことはご存知ですね。
それはなぜでしょう?

私たちの腸内環境は、約100兆個も存在する「腸内細菌」に左右されています。
腸内細菌は宿主である人間と共生関係にあり、食べ物から得る栄養素をエサとして発酵、増殖することで代謝物を生成し、体の機能に様々な影響を与えます。
腸内細菌は、腸壁にびっしりと生息しており、まるでお花畑のように見えるため「腸内フローラ」と呼ばれます。この言葉は乳酸菌などのCMでも言われているので、聞いたことのある方もおられると思います。
私たちの腸の中には、お花畑のようなきれいな世界が広がっていると考えるとちょっと不思議な感じもしますね。

腸内細菌を機能の面から大きく分類すると、体に有益な影響を与える有用菌である善玉菌、病気を引き起こしやすい菌である悪玉菌、腸内の環境によりどちらにも変化する日和見菌の3種類になります。
その理想的な割合は、善玉菌2割、悪玉菌1割、残りの7割は日和見菌と言われています。
多数派の日和見菌は、数の多い方の味方をするので常に善玉菌の優勢な状態を保つことが大切です。
そのためには、善玉菌の好きな発酵食、食物繊維、オリゴ糖を摂取することをオススメします。また、バランスの良い食事、適度な運動を取り入れることも良いですね。

月星座がしし座のあなたと関わりの深い体の部位とキーワード

しし座と関わりの深い体の部位は、心臓、動脈、背中
しし座のキーワードは、情熱的、やる気、持続性、一途、目立ちたい、注目されたい、誇り高い、自己顕示欲、自信、尊厳、勇気、リーダーシップ、明るい、華やか、創造的、自分らしく、表現、楽しい、遊び、褒める、子ども、自分勝手、自己中心的

胸に手を当てると心臓が拍動しているのを感じます。
心臓は、私たちが活動している時も、眠っている時も休まず働いている臓器です。
意識してその動きを止めることはできません。もちろん、そんなことができてしまったら生命の危機にさらされますよね。
全身へ血液を送るポンプの役目を担い、絶え間なく体の隅々まで血液を送り続けています。

その心臓の拍動を調節しているのは、自律神経です。自律神経には、交感神経、副交感神経があります。
交感神経が優位になっていると、体が戦闘モードになっていて拍動が早くなります。逆に、副交感神経が優位になっていると体が休息モードになり、拍動が遅くなります。
一見、腸と心臓は関係ないように見えますが、腸内に不調があるとその信号が自律神経を通じて心臓に伝えられ、心拍数を調整し腸の働きと連動して血流をコントロールしているそうです。

心臓は、しし座と関わりの深い臓器。
しし座のキーワードには、持続性があります。心臓の特性と同じですね。
そして、自分らしく表現し続けること。
しし座の表現のしかたは、花を咲かせること、私であり続けること。そう、オンリーワンの花を咲かせ続けることです。
その姿は自信に満ちて華やかに見えます。
でも、陰ではたゆまぬ努力をし続けている。だからこそ背中に自信や尊厳として表れてくるのでしょうね。

しし座らしさを失ってしまったとき、自信がなくなり、自分を表現することをためらったりすることがあるかもしれません。
プライドが邪魔して素直になれなくなることがあるかもしれません。

そんな時は、自分の「誇り」と思えることを再確認してください。
自分には、誇りとなるものがあると認めること。ないものを探すのではなく、あるものを探す。あなた自身がオンリーワンの存在であるということを受け入れるのです。
また、自分の気分が上がるものを見つけるのもいいですね。例えば、素材の良い下着を買うとか、食材にこだわっているパンを買うとか。ちょっと特別感があるものがいいですね。

月星座がしし座のあなた、月のリズムに合わせてしし座のエネルギーを取り入れたいあなたへのおすすめメニューを紹介します。

<アスパラベーコンの塩こうじ炒め>

春の時期が旬のアスパラガスには、上に伸びていき枝葉を広げて花を咲かせるエネルギーが詰まっています。消化吸収を高め、体の余分な熱を取り、代謝をよくしてむくみを解消します。穂先に含まれるアスパラギン酸は、新陳代謝を高め、疲労を回復します。
そして、玉ねぎは周りからの栄養分を集めるエネルギー。消化を助け、気の巡りを良くし心の安定に働きます。
塩こうじの塩味と深みのあるほんのりした甘味にベーコンのコクが加わり、食事が進みますよ。

<材料:2人分>
アスパラガス:4本 玉ねぎ:1/2個 ベーコン:2枚 オリーブオイル:小さじ2 塩こうじ:小さじ1
1.アスパラガスを3㎝程度の斜め切り、玉ねぎを5㎜幅の薄切りにし、ベーコンを1㎝幅に切る。
2.フライパンでベーコンを炒め、少し焦げ目がつき始めたら皿に一度取り出す。
3.フライパンにオリーブ油を入れ、アスパラガスと玉ねぎを炒めて少ししんなりしてきたら、塩こうじを入れて炒める。
4.2のベーコンをフライパンに戻し、全体をさっと炒めて出来上がり。

<コロコロフルーツの甘酒ヨーグルト>

キウイには、消化を助ける働きや精神的に不安定でイライラして熱を感じるときに効果があります。
ヨーグルトと甘酒の優しい甘味と酸味に甘酸っぱいコロコロフルーツをたくさん入れて、リッチな味になっています。
しし座らしく華やかに盛り付けて楽しんでみてくださいね。

<材料 1~2人分>
プレーンヨーグルト:150g 甘酒(濃縮タイプ):50g いちご:3個 キウイ(グリーン):1個 キウイ(ゴールド):1個

1.いちご2個 グリーンキウイ1/2個 ゴールドキウイ1/2個を1㎝角に切る。
2.ヨーグルトと甘酒を混ぜる。
3.先に2のヨーグルトを容器の底に入れ、次に1のフルーツを入れ、層をつくる(2層ずつ)。
4.残りのフルーツで飾り付ける。
発酵食を美味しく食べて、心も体も元気を保っていきましょう。

毎日忙しく、空を見上げることも忘れてしまいがちですが、月を見上げると心がホッとしますね。
月や星たちは、いつでもあなたにやさしいエネルギーを送ってくれています。
今日も空を見上げてみてくださいね。

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。
静花

月よみ師のプロフィール

静花 月よみ師®
岩手県生まれ。幼少期に宇宙の図鑑を読み、月や星に興味を持つ。
小学生の頃に出会った養護教諭に憧れ、上京し看護師になる。

2008年神戸に転居。
2011年東日本大震災が起こり、東北の風景や人々の生活が一転したことに衝撃を受ける。
「自分は何者か、何のために生まれてきたのか」と考え続け、幼少期から興味を持っていた西洋占星術を学び始める。
月が肉体や感情に与える影響の大きさを知り、学びを深めるため2020年月よみ師となる。

現在は看護師を続けながら、美味しくて幸せになれる発酵食を学んでいる。趣味は天体観察と聖地巡礼。
月や星、食を通して心と体も健康になれる暮らしのアドバイザーとして活動中。