月よみ

月星座がおとめ座の日は、腸を意識して過ごそう!

数ある月WEBマガジンの中から、こちらにいらして下さってありがとうございます。
月よみ師で理学療法士をしています、ながのみかといいます。
また、母を在宅で看取った経験から仏教に興味を持ち、釈光麗(しゃくこうれい)という法名も名乗らせていただいております。
日頃は、病院勤務で理学療法士としてリハビリの仕事を続ける傍ら、こちらで、月よみ師として学ばせて頂いたことなど少しずつ書かせて頂いています。

現在は、月星座の特徴を生かしたセルフケアの方法などを中心にお伝えしています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

始めに、普段わたしたちが、星占いなどで参考にしている星座は太陽星座ですが、わたしたちが生まれた瞬間に月の後ろにあった星座のことを、月星座といいます。

あなたの月星座を知りたい方はこちらからどうぞ。

自分の月星座を知ることで、あなたがまだ気づいていない、自分の本質的な部分、本当の自分を知ることができます。
本当の自分が分かれば、より自身への理解が深まり、普段の生活や仕事に生かすことができます。

実は、この月星座、わたしたちが生まれた瞬間に月の後ろにあった星座を指す場合と、月が約28日周期で12の星座をめぐっていることから、その日の月星座を指す場合があります。

今回ご紹介する月星座はおとめ座です。

その日の月星座を調べたいときはこちらからどうぞ。

月は28日で12の星座をめぐるので、ひとつの星座に月が滞在する期間は、約2.3日です。
ですので、日常の生活のリズムを作るのにとても役立ってくれます。

月星座について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

おとめ座さんの特徴とは?

まずは、おとめ座の特徴からお伝えしていきます。

おとめ座のキーワードは、冷静、純情、常識的、分析的などです。

性格的な特徴としては、地に足の着いた堅実な生き方をするのが特徴です。
こつこつと地面を耕すように根気よく努力を続け、着実に収穫を得ていきます。
ものの考え方は、いたって現実的でよくわからない宗教やおまじないなどは嫌いです。
目に見える科学的に証明できるものや理屈にかなったものを信じます。
そして、努力しなければ実りはないというのが信条で、非常に冷静で論理的な完全主義者です。
また、ピュアさを求める気持ちが強いので、一度これと決めたらやり遂げるという特徴もあります。

あなたの月星座がおとめ座だった場合は、こちらも参考にしてみてくださいね。
性格の特徴についてより詳しく説明されています。

腸を意識して過ごそう

その日の月星座によって影響を受けやすいカラダのパーツがありますので、その特徴を生かすことができます。

これは、惑星や黄道十二宮の星座を、身体の各部位と結び付けて考えていた古代からの占星術的な考え方がベースになっています。
おとめ座の日、もしくは月星座が、おとめ座の方が影響を受けやすいカラダのパーツは主に腹部と消化器系になります。
ですので、おとめ座の日は、消化器系主に腸を意識することが、セルフケアのポイントになります。

それでは、腸だけに、超簡単なセルフケアの方法を3つお伝えしていきますね。

1つ目は、おへそ周りのマッサージです。
方法としては、
おへその周囲を指でなぞって、放射状に固くなっている部分を探します。
固い部分を、ゆっくりやさしく加減に注意しながらもみほぐしていきます。
くわしい方法は、こちらの動画をご参照ください。

2つ目は、食事をするとき、とにかくゆっくりかむ、ゆっくり食べることです。
ポイントはお箸で、ひとつまみずつ食べることです(食べ過ぎを予防できます)。

実はお箸のひとつまみは、ちゃんと消化できる量だけ、つかめるんです。

でも、忙しい時など、ゆっくりかんだり、ゆっくり食べる時間って、なかなか取れませんよね。
ですので、最初の一口目を、30~40回ほど噛んで食べてみるだけでも効果があるんです。
そうしてみると、お口の中が唾液でいっぱいになってきて、食物も口の中でかなりすりつぶされて、もうドロドロになります。
すると、とっても飲み込みやすくなりますし、そうなると腸への負担も軽くなります。
わたし自身も、食事の食べ始めは、とにかくたくさん噛んで食べるようにしているのですが、唾液がいっぱい出てくるのが分かります。

この唾液なんですが、実はすごいパワーがあるんです。
それは、健康な人の唾液を取り出した溶液に、ある種のがん細胞の断片を入れると、なんと! じわーっと、がん細胞が溶けていくのだそうです。
がん細胞が溶けてしまうなんて、すごいなーってびっくりしました。
わたしたち人間には、本来このような、すごいパワーが備わっているんですね。

とにかくゆっくり噛んで、ゆっくり食べる、たったそれだけの習慣が、しかもタダで、がん予防につながるのはとってもありがたいと思います。

そして3つ目は、腸内細菌を大切にすることです。
わたしたちの腸内には、常在菌が数にして約100兆個あまり住んでいて、その腸内細菌は、わたしたちの免疫の70%ほどを作ってくれているそうです。
最近は、腸活と言う言葉もよく耳にしますが、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の9割が腸で作られていて、腸内環境と整えると、「精神状態の安定」にもつながってくるようです。
腸内細菌を大切にする方法として乳酸菌の摂取もおすすめです。
そして、女性のみなさんは便秘に悩んでいる方も多いと思います。腸内細菌とお通じについて、興味のある方は、こちらも参考にしてみてくださいね。

今回は、月星座がおとめ座の時の、超簡単なセルフケアの方法を3つほど、お伝えしてきました。

おへその周りをマッサージし、腸のまわりの血流をよくしてあげること、ゆっくり噛んで食べるだけで、唾液もたくさん出ますので、消化もよくなります。
唾液をしっかり出してあげて、さらに腸内細菌も大切にしてあげると、カラダの免疫も良い状態がキープできます。
免疫機能がしっかり働いてくれていれば、コロナ予防にも役立ってくれるかもしれません。
おまけに、便秘を減らしたり、ゆっくり食べると満腹感を早く感じるので食事の量も減らせますので、ダイエット効果も期待できます。まさに、いいことずくめです。

おとめ座のタイミング、腸を意識して過ごしてみませんか?

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

ライタープロフィール

ながのみか 月よみ師
鹿児島県出身。生年月日はイチロー選手と全く同じで昭和48年10月22日。
現在は、鹿児島市内の病院で理学療法士として勤務。
2015年に乳がんを体験したことが、私にとっての大きな転機になりました。一年間休職し、治療に専念しました。
その間に、家族や多くの方々に支えられ、たくさんの出逢いがあり、ココロとカラダのつながりや自然治癒力を高める生活の必要性を感じました。
現在は、私自身の経験と月よみ師として学んだ知識を生かして、健やかに楽しく人生を送るために必要な情報を発信しています。
趣味は、読書やプラモデル作り、ジョギング。猫と犬が好きで猫を飼っています。
Return Top