発酵食を食べればあなたの魅力がアップする! ~月星座おとめ座編~

こんにちは。月よみ師の静花です。

新緑の時期を過ぎ、青々とした濃い緑が目立つようになってきました。植物たちが夏に向けて元気に成長しているのを感じます。私たちも夏に向けて体力づくりをしておきたいですね。

今回も発酵食のことをお伝えします。発酵食は、消化吸収を助ける、栄養価がアップする、免疫系のバランスを整える、食べ物を美味しくする、幸せ力のアップ、美肌につながる、やせやすくなる……など、私たちの心と体に嬉しい効果があります。

発酵食と関わりの深い腸は、様々な働きがあります。その中には「免疫」の働きがあります。
私たちの周りには、様々な目に見えない細菌やウィルスが数多く存在していて、食事をしたり何かに接触したりすることにより、体の中に侵入してきます。
このような外敵の全身への侵入や増殖を防ぐために、体内で戦ってくれるのが「免疫細胞」です。
全身の免疫細胞のうち、約6割が腸内に集まっているといわれます。その理由としては、いわば腸はからだの玄関口であり、外から入ってくるもののほとんどが、腸を介して全身をめぐるからです。
免疫細胞は、外敵を玄関でせき止める働きをします。腸内に病原菌などが侵入すると、腸壁の内部にいる免疫細胞が危険を察知してメッセージ物質を放出して、そのメッセージ物質を受け取った腸壁の細胞が、さらに抗菌作用のある物質を分泌し病原菌を撃退します。
また、腸壁には新人の免疫細胞に外敵について覚えさせる訓練所のような機能も備わっているそうです。
腸には、こんなにすごい機能があるのですね。

この免疫の力を高めてくれるのが腸内細菌です。
発酵食は、腸内細菌の中の有用菌(善玉菌)が好む食べ物であり、腸内環境が整うことにつながるので続けて食べましょう。

月星座がおとめ座のあなたと関わりの深い体の部位とキーワード

おとめ座と関わりの深い体の部位は、小腸、大腸、みぞおち
おとめ座のキーワードは、現実性、適応性、実務的、秩序、規範、整理整頓、管理、理知的、理論的、冷静、控えめ、繊細、几帳面、潔癖、分析、集中、批評、調査、循環、健康、感謝、奉仕的、尽くす、義務、職務

今回はおとめ座と関わりの深い臓器である腸と、おとめ座のキーワードの中の、「整理整頓」「管理」「循環」に注目してみたいと思います。
私たちの腸には、食べ物の栄養分を吸収する働きと排泄する働きがあります。必要なものを取り入れ、不要なもの排除する、いわば、腸内の「整理整頓」です。
栄養を吸収する働きは、腸内にある大量の腸内細菌が関係しており、個人差が大きいといわれます。
生まれたとき人間の腸内は無菌状態ですが、生まれてから周囲の人との接触によって細菌に感染するため、主な養育者となる両親の腸内細菌のバランスと似てきます。
しかし、食生活や生活環境、年齢によっても腸内細菌の割合が変化すると言われているため、個人差が大きいといわれるのです。
健康法として様々な方法があるのも、その個人差によるところなのでしょう。

健康を保つためには、免疫による「管理」や食べ物から吸収された栄養の「循環」が大切です。
免疫力アップや循環を改善するためのポイントは「温度」です。

免疫に関わる有用菌が好む腸内温度は37~38度といわれます。
私たちの体温は通常36.5度くらいといわれますが、それは腋窩温での正常値です。
直腸内の温度は、37~38度。丁度、有用菌が好む温度と同じです。有用菌の働きが活発に行われ、食べ物を分解発酵させ栄養素として吸収されます。
もし、体温が35度台になると悪玉菌が活性化します。低温の腸内では、せっかくの栄養素が吸収されないだけでなく、腐敗し毒素をだす食べ物になってしまうこともあります。
それを防ぐためには、なるべく温かい食べ物を食べることや入浴で温まることがいいですね。
これからの時期は暑くなるため、冷たい食べ物や飲み物をたくさんとったり、お風呂もシャワーだけになったりしやすいので、気を付けたいところです。

腸内温度をあげることで循環が良くなり、必要な栄養素を体の隅々までめぐらせることができます。
腸の働きが良く食べたものが滞りなく分解されることで、余分なものがたまりにくく、痩せやすくなり、美肌やむくみの解消、全身の健康につながります。
発酵食や栄養価の高い食事をとり、腸内温度をあげることを心がけたいですね。

おとめ座のあなたを心の面からみると、物事を秩序立てて考え、冷静に現実を分析できる能力があります。ただ、几帳面で潔癖なところがあるため、他の人の言動が気になることがあるかもしれません。もともと繊細な心をもっているため、心が疲れやすかったりするかもしれません。
心が疲れてしまうと自分に対して批判的になってしまったり、冷静に秩序立てて考えられなかったり、部屋が散らかってしまったりすることもあるでしょう。そんな時は、心が心地良いと思うようなリラックスした時間を過ごしましょう。部屋を整理整頓し、自分一人の時間を持つのが良いですね。

月星座がおとめ座のあなた、月のリズムに合わせておとめ座のエネルギーを取り入れたいあなたへのおすすめメニューを紹介します。

 

<ニンジンとたまねぎの塩こうじポタージュスープ>

ニンジンにはβカロチンが多く含まれます。Βカロチンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、免疫を強化したり、視力の維持、がん予防、アンチエイジングなど、様々な働きをする栄養素です。脂溶性ビタミンなので、油と一緒にとると吸収しやすくなり効果的です。たまねぎには、血流を促す作用があり、むくみ対策や便秘対策にも効果があります。豆乳には、血液の流れが良くなり美肌になる、便秘が解消されダイエット効果がある、血圧が高めの方にもおすすめです。

<材料:2~3人分>
にんじん:150g たまねぎ:75g にんにく:1片 水:200ml 豆乳:200ml 塩こうじ:小さじ2 パセリ:少量 オリーブ油:小さじ1

1.にんじん、たまねぎ、にんにくを1㎝幅程度の厚さに切ります。鍋に水とにんじんを入れ火にかけ沸騰したら、玉ねぎ、にんにくを入れ柔らかくなるまで茹で火を止めます。
2.1の粗熱が取れたら豆乳を入れてミキサーにかけます。
3.2を鍋に戻し、火にかけて温め、沸騰手前で火からおろします。(沸騰させてしまうと分離してしまうので注意してくださいね)
4.塩こうじを入れまぜて味を調え、器に入れてパセリ、オリーブ油を添えて盛り付けます。

 

<甘こうじジンジャーシロップがけヨーグルト>

ショウガは、生のままか加熱するかで効果が変わります。生のショウガは、末端の血管を拡張し血流を促進する作用があり、手足の冷えを改善することができます。加熱したショウガは、熱を作り出す働きがあり体を芯から温めることができます。血流促進の効果もあり、体温が低い方の対策にもなります。また、胃腸を刺激して消化促進、抗炎症作用、新陳代謝の促進など様々な効果があります。シナモンには、血行改善効果があり美肌効果も期待できます。

<材料>
ショウガ:30g 水:100ml 甘こうじ(2倍濃縮甘酒を使用):80g はちみつ:大さじ1 レモン汁:大さじ1/2 シナモン:少量(耳かき1杯分程度) プレーンヨーグルト:100g ※レモンスライス(お好みの飾り用フルーツ)

1.ショウガはよく洗い、黒くなっている部分などは取り除き、皮ごと薄切りにします(皮と身の間の部分が栄養豊富)。
2.鍋に水とショウガを入れ火にかけ、沸騰したら弱火にして約10分煮ます。
3.2を茶こしで濾してショウガの薄切りをとり除きます(取り除いたショウガは煮物や炒め物に使用できます)。
4.3の粗熱がとれたら、甘こうじ、はちみつ、レモン汁、シナモンを入れて混ぜ、シロップを完成させます。プレーンヨーグルトにお好みの量をかけ、レモンスライスを添えたらできあがり。

 

梅雨の時期は、気温も湿度も高く不快に感じることが多いですね。
今年は特に心も体も不安定になりがちですので、心の声を聴いて十分にリラックスするように心がけましょう。
月は、あなたの心そのもの。月星座を知ることは、心の安定を保つヒントになります。
私たちは、月を通して星たちとつながることができます。
たとえ、空が曇っていても、雨が降っていても、どんな時でも、月や星たちはあなたを応援しています。
今日も空を見上げてみてくださいね。いつも優しく見守ってくれていますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。
静花

月よみ師のプロフィール

静花 月よみ師®
岩手県生まれ。幼少期に宇宙の図鑑を読み、月や星に興味を持つ。
小学生の頃に出会った養護教諭に憧れ、上京し看護師になる。

2008年神戸に転居。
2011年東日本大震災が起こり、東北の風景や人々の生活が一転したことに衝撃を受ける。
「自分は何者か、何のために生まれてきたのか」と考え続け、幼少期から興味を持っていた西洋占星術を学び始める。
月が肉体や感情に与える影響の大きさを知り、学びを深めるため2020年月よみ師となる。

現在は看護師を続けながら、美味しくて幸せになれる発酵食を学んでいる。趣味は天体観察と聖地巡礼。
月や星、食を通して心と体も健康になれる暮らしのアドバイザーとして活動中。