「月つぼ」で宇宙の力を最大限生かすカラダになる!!~乙女座新月に向けて~

刺さない鍼灸マッサージ師・月よみ師加枝です。

月よみwebをご覧くださっている皆さま、いつもありがとうございます。

『月つぼ』……耳慣れない言葉ですね。
天の図(西洋占星術のホロスコープ)。
その中の月と、滞在する星座。
様々に関係する他の惑星の力と合わせて、カラダに大きな影響を与えるからこそ、逆にその月の力を利用してカラダを整えていく、つぼ。
それを私は「月つぼ」と名付けました。

ちなみに他の惑星は「星つぼ」です。

それもこれも、「つぼ」を使うと、カラダが整うから!
深い、潜在意識、自律神経に作用して無意識を変えていく力を持っているから!
触れただけで変わる!
カラダが変われば思考も変わる!
行動が変わる!
自分の望む人生をつぼに触れることで創ることができる!

そう分かっていて、お伝えしても、なかなか……。
どういったアプローチをすれば、つぼに触れてもらえるだろう……。
25年間かかりました(笑)。

なぜ、この瞬間を選んで生まれたのか。
出生の天体図は見事にあらわしてくれています。

東洋医学では古典からずっと天の図と人を同じように観ていました。
天と人と大地と、全ては繋がっている。

『天の図は、人の図』
利用しない手はありません。

月よみwebでは、ご覧になってくださる方に、共通の「今の天の図」からカラダを整える「つぼ」をお伝えします。

今回は2021/9/7乙女座の新月に向けてのカラダ創りです。
ココで意識をされておくと、来年訪れる乙女座の満月
2022/3/18
つまり来年の春分前までのカラダ創りになります。
新月には願いを。
満月には感謝を。
この新月での意図が、満月で満ちますように!!

さあ早速、創っていきましょう。

乙女座新月に向けてのカラダ創り

今日2021/8/6
太陽は獅子座
月は蟹座です。

8/7 明日は立秋
8/8 明後日は獅子座新月
また、この日は太陽が獅子座のちょうど真ん中に入るため、獅子のように強いパワーが宇宙から降り注ぐパワーが絶大で、夏至や冬至に匹敵する日。
いわゆる「ライオンズゲート」が最大に開く日とされています。
8/7 16:33には月は獅子座に移って新月モードに入りますので、獅子座のテーマである
「私の志:人生の目的」
望む未来を描きながら、ゆっくりと呼吸を繰り返します。

◆太陽獅子座・新月のつぼ 8/7~8/15~22まで(太陽獅子座期間)
キーワード:共に在る、安心と喜びの土台は、すでにごく身近にある。共鳴している。
●四瀆(シトク)
手首外側の中心とと肘の突先を結んだ線の中点から親指1本分肘側
四:四方、東西南北
瀆:大きな溝、流れ、汚れ
四方から集められた汚れを大きなところへ流していく、排出していくところ。
汚れを観る、照らす、知る。
そして出していく。

◆蠍座上弦の月・月つぼ 8/14 9時過ぎ~8/20 18時頃(上弦の月の時間=8/16 0:20)
キーワード:望むままの生き方、それをこの社会、他者との中でどう生かす?
●陰郄(インゲキ)
手首のシワ小指側で小指1本分上
陰:このルートをあらわす。
郄:隙間、窪み、割れ目、町や村などの集落とその中の人をも現す
陰と陽、どちらも大切。陰があれば、陽がある。陰の隙間を抜けると何が見える? 暗闇の隙間には何が見える? 陰の割れ目。

◆水瓶座満月・月つぼ 8/20 18時頃~8/22 21時半頃
キーワード:あなたは私、私はあなた、境界はない、時間も空間も、地球意識からも超えていく。そこから生まれるこの上ない喜び。
●滑肉門(カツニクモン)
臍の指3本分外側で、そこから親指1本分上
滑:滑る→水と骨=腎
肉:肌肉=脾と胃
門:出入口
体の深いところ繋がる出入口、風邪の時など寒気が内臓に入ると緊張するところ。
また司天とも言われる=天を司る、上半身、宇宙との繋がりをいわれる。小惑星ウラニア=未来予知、直感力の星。カラダの深くと繋がる=天、宇宙と繋がる、深い内=遠い外。

なんといっても、風の時代を象徴するように、今年2回目の水瓶座満月です。
最終度数で起こるこの満月は、太陽も最終度数。
自分が受けた恩恵を惜しみなく、多くの人に与える意味を持っています。
肌肉は、大地と宇宙と人の力で出来上がっていきます。
私は私であって、私ではない……。
個から全へ、全の中の個、門は開いている。

(双子座下弦の月の説明は乙女座の下に記載しています)

8/23太陽は獅子座から乙女座に入ります。
ここからは、乙女座の星つぼを天秤座までご活用ください。
そして、迎える乙女座新月も、同じつぼです。

◆太陽乙女座の季節・星つぼ 8/23~9/22
キーワード:無意識を意識化する力、理想の具現化、そのための行動と言葉
●大赫(ダイカク)陰維(インイ)陰関(インカン)
恥骨中心から小指1本分外側、そこから親指1本分上
大:大きい、重要
赫:赤が2つ並ぶ=赤い、明るい、盛ん。赤=大(手足を広げた人)と火を合わせた成り立ち=火によって穢れを祓い清める=身の潔白=明るい
陰の気が多く集まる=陰が極まる=陽に転ずる。影の中に光を観る。自身の内側の深いところを観る、そこに気が付く、自身の光の明るさに気づく。

◆双子座下弦の月・月つぼ 8/30~9/6 8時頃まで
キーワード:他者からの刺激、それは本当の安らぎ?そこから感じる自分で創りあげるコト、委ねられるコト。
●委陽(イヨウ)
膝裏のシワの外側で大きな腱の内側
委:委ねる、任せる、曲がる(女性が腰を曲げて稲穂を拾う姿から)
陽:委中に対して外側=陽
膝=過去と未来を繋ぐ今、柔軟性を意味するところ
時には他者(外側=陽)に委ねてみるのもイイかもしれない。1人で頑なに頑張りすぎていないだろうか?それを長く続けると萎(⇔「委」と同じ発音)えてしまう。

◆乙女座新月 月つぼ・星つぼ 9/6 8時過ぎ~9/8お昼過ぎ頃まで
キーワード:新しい法則を仲間と共に使ってみる、起こる変化に備える、融合からの誕生へ
自分へのカラダとココロ、そして、宇宙と仲良くなるカラダを創る。
宇宙の力を最大限生かすカラダ創りの
「つぼ」
ゼヒ、お試し下さい。

最後に、夜、眠りにつくとき、ご自身のカラダの気持のイイところに触れながらゆっくりとした呼吸を繰り返し、労わりと感謝、愛情の言葉をかけてあげてください。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

カラダさん、いつも本当にありがとうございます。

刺さない鍼灸マッサージ師・月よみ師
加枝でした。

あなたのカラダの流れを月の星座とカラダの声から読み解き、カラダとココロを変える、あなただけの「月つぼ」を見つけます!!
『カラダ巡礼・月つぼセッション』
そして、お一人お一人がそれぞれのお力で月から冥王星までのカラダを巡礼する
「カラダ巡礼・月つぼ・星つぼ」
の募集をしています。
ご興味ある方は、お申し込みください。

パワースポットは外ではなく、カラダの中にあります。
「つぼ」はカラダのパワースポットです。

あなたが生まれた瞬間に刻まれた天体の力を最大限に生かすカラダを手に入れる。
そして、最高の人生を送るカラダで「自分を生きる」お手伝いをさせていただきます!!
https://peraichi.com/landing_pages/view/yachihonomori-tsukitsubo?fbclid=IwAR0C74x7N8bzZPDkbBirNJlh2CP_IYbWZyzd7vD0Jj4kDBOVMKczXzyxNtM

note、よろしければご覧になってください。
https://note.com/yachihonomori/n/nbc97426d299e

月よみ師のプロフィール

加枝 月よみ師
長野県八ヶ岳と浅間山の間、八千穂に生まれ育つ。鍼灸マッサージ師23年。
「鍼の良さをもっと知ってほしい」「鍼をゴミにしたくない」「私も刺されるのはイヤ!」そんな思いから、新しい刺さない鍼を特許出願中。
刺さない鍼についてはこちら
⇒https://yachihonomori.wixsite.com/harikyu/blank

東洋医学の魅力を伝えながら、多くのお年寄りと関わらせていただく中で沢山の「お別れ」も経験。妊娠をきっかけに「死ぬために生まれてくる? では、どう生きる? どう死ぬ?」を考え続けました。

多くの出会いと学びの中で、感情と臓器、心と身体、大きな宇宙と人体という小さな宇宙のつながりに気づき、「月」を知ることでそれら全てが更に尊い存在だと実感。

月から観える心と身体を、小さい頃からみんなで大切に育む! 刺さない鍼を活用しながら、大自然の中で子供達と実践しています。
ブログ:https://profile.ameba.jp/ameba/moritomichi