月よみ親子関係 ~月が結ぶ縁を活かす鍵! 危成関係

こんにちは。月よみ名前鑑定師の星の安祐美です。

今月、ネット上で話題になった「8月20日の富士山噴火説」
著者たつき諒氏の漫画「私が見た未来」による予言でしたが、作品の中で東日本大震災やダイアナ妃の早逝の的中もあり注目されたようです。
結果、何事もなく過ぎて良かったです。

さまざまな情報が氾濫する今、コロナ感染についてもそうですが災害や病気など命にかかわる情報の真偽を見極めることはとても大切ですね。

最近、今は亡き私の人生のメンターが言っていたことをよく思い出します。

あるがままの自分を認め、未来の自分の価値を信じること。

それが、さまざまなものを引き寄せるチカラを生み出す。

自分から情報を探しにいかなくても、自分にとって必要な情報は手段を選ばずベストのタイミングで向こうからやってくる。

まずは、外側にある情報を得る前に自分の内側が発信する情報を素直に受け取ること。
日々の暮らしの中で、○○が食べたい! ○○さんに会いたい! リラックスしたい! など、小さなことでも内側からの生の情報を素直に受け取ることから始めるとよいかもしれませんね。

全く違う性質をもつ親子

月が結ぶ縁(宿曜占星術)でみる親子関係
今日は「危成(きせい)関係の親子」についてお伝えします。

まずは、宿曜占星術でご自身とご両親、又はお子様との関係を調べてみましょう。

・宿曜占星術をご存知の方は直接下記のサイトで調べてみてくださいね。
月から見た人間関係チェック

・宿曜占星術をご存知ない方は下記のURLより宿曜占星術でみる親子の相性で簡単な説明をご覧になってから調べられます。
月よみ親子関係 ~月が結ぶ縁を活かす鍵!栄親の関係

さて、宿曜でみる6つの関係性はそれぞれチャクラへの作用があります。

危成の関係は、第3チャクラへの作用があります。

親子関係の良し悪しによって第3チャクラに何らかの影響を与えます。

チャクラについての説明は下記のサイトをご覧ください。
チャクラとは?

第3チャクラは「自己評価を高める」ことに関係しています。

人生の選択・決定・自信を司るチャクラでもあります。

このチャクラは12星座でいうと「獅子座」的要素が根底にあります。

◆獅子座的要素とは

火の性質(情熱・明るさ)、男性性(外側に向かうエネルギー)、不動宮(定着・安定)
支配星は太陽、「I will(私は志す)」個性・表現者・創造力・プライド・意志の力・冒険心
5ハウス(恋愛・ビジネス・趣味・喜び・主観的・思い切り冒険し人生を楽しむ領域)

私は○○したい!
私は○○さんと恋愛したい!
私は○○を世の中に広めたい!

1) 自分の内側から湧き上がる欲求に素直に従う。
2) 実際に手に入れるために挑戦する。
3) 結果がどうであれ情熱を注いだことに意味があると自信につなげる。

結果を恐れないで自分の想いに従う挑戦者です。

想い⇒挑戦⇒やり切ったという自信
この体験の繰り返しによって「自分らしい生き方」を獲得していくのが獅子座的生き方です。

自己評価を高めていくにはこの獅子座的要素が必要です。

危成関係は全く違う性質をもっていることが多いです。
そのため、相手の言動に対しての反応は重要な情報になります。

・相手の言動や癖を批判してしまう。

・自分の主観だけで相手を否定してしまう。

・相手を操作しようとしてしまう。

危成関係が第3チャクラに作用しているということは、関係を通してそれぞれが忘れかけていた自分の中の獅子座的要素を思い出すチャンスにもなります。

「危成関係」の親子にオススメ

それぞれが相手の「I will(私は志す)」を尊重することがポイント!

相手の世界観に偏見をもったり、批判したりせず、お互いの違いを興味深く楽しむことができればとても良い関係を築けるのではないでしょうか。

では、第3チャクラを活性化し、バランスのとれた親子関係を築くには?

◆食生活を大切にする
第3チャクラが関係する体の器官は消化器系です。
栄養バランス、身体が喜ぶ食べ物をとるよう心掛け、よく噛んで食べるなど消化器官に優しい食べ方にも気を配ってみましょう。

◆感情を解放する
感情を溜め込むとイライラして理不尽に相手にぶつけてしまう結果になります。
誰かに聞いてもらう、それが無理なら誰にも聞かれない場所を探して思い切り解放しましょう。
今の感情を文字にして書いてみるのもオススメですよ。

◆境界線を守る
元々性質が違う者同士、相手の世界観を否定したりせず見守りましょう。
相手から求められたときにだけ助言をするようにしましょう。

◆自分のためにやる
親子の会話によくある「あなたのためを思ってやったのに」は見返りを期待していた言葉です。
承認されるためではなく、自分自身が心からやりたいことかどうかを問うてみてください。

◆これまでの振り返りをしてみる
頑張ったこと、苦労したこと、辛かったことなどを書き出してみる。
頑張ってここまで生きてきた自分自身を褒めてあげてください。

無理なくできることから実践してみましょう。

私は、お名前の音を鑑定しながら自分らしい生き方に近づくための個人セッションをさせていただいています。
どのお名前もその人ならではの素晴らしい才能が宿っています。
その才能を活かしている人は自分の命の価値を信じています。
そして、結果を恐れず挑戦しながら人生の面白さを追求し続けています。

親子であっても魂の役割は違います。
相手を操作することはできません。
危成関係という月が結んだ縁は、人生は冒険であり楽しむことであることを教えてくれています。

次回は安壊の親子関係をお伝えします。

◆月が教えてくれる封印された音とココロ「月の音(ね)お名前鑑定」オンラインセッション
月の音(ね)お名前鑑定 

◆公式LINE星のことほぎ
お友だち登録歓迎いたします。
「あ」~「ん」の名前の音の意味をランダムで配信しています。
https://lin.ee/Efzh52k

月よみ師のプロフィール

星の安祐美 月よみ師
30代前半、夫の会社が経営破綻しそれが原因で離婚。
30代後半、出会った男性がまたも会社経営。
私も経営に携わる中でさまざまな葛藤を抱えていた。

40代前半、一冊の本に出会い、著者の女性がメンターとなる。
自分の本音、悩みの根っこに近づいていったが、4年後彼女の訃報を受け、
喪失感を覚える。

心を癒したのは自然のチカラだった。一年間の散歩で出会う空、植物、夕陽、
月によって、生きていることに感謝し明日を生きる希望となった。

2016年、九星気学や名前鑑定を習得し、私の過去の出来事はバイオリズムに
沿って起きていたことを知る。
300人超のモニターを経て、個人レッスンを実施。

2019年、偶然月よみを知る。
現在は、月の満ち欠けを宇宙のバイオリズムとして取り入れたレッスンを
行っている。

九星気学&名前鑑定師