木花咲耶姫によって希望のメッセージが降ろされる9月 受け取る方法はこれ

月よみ師陽菜ヒロミです。
ホロスコープ解析から、ビジョン(想い)とミッション(行動)を結び合わせ
人生の創造性を高める、月よみメッセージをお伝えしています。

9月に入り、早くも1週間が過ぎます。
今日はおとめ座新月。
この9月と10月のエネルギーが整っていくスタート、と言えるかもしれません。
現実社会の現状はまだ先が見えないところではありますが、ひとりひとりが、ひとりひとりの行動によって希望を掴むことはできるのです。
9月の月と太陽はそのことを伝えてくれます。
どういうことか、お話しいたしましょう。

9月の月よみ

9月・おとめ座のエネルギーの働きは、8月にしし座で養ってきた自分の価値を現実化していくものです。

それは10月のてんびん座に引き継がれ、社会や人との繋がりの中で、花咲かせていくことになります。

まず、それぞれのフェーズの月よみから始めましょう。

 

<9月7日(火)午前9時52分 おとめ座新月>

自分の価値観を今一度、明確にしておきましょう。
もう飽きました?(笑)
それくらい何度も聞かされて来たのが、

「素直であれ」「純粋さが鍵」「自分に正直にいよう」でした。

もう一度、振り返ってみましょう。ここテストに出るくらい、大切なところです。
テストはしませんが。

誰に遠慮することなく、素直で純粋に自分に嘘をつかず、そこから見出した本当の価値観はどんなものでしたか?

今回の新月では、もうひとつ深めます。

それは大切な人にも伝えたいものですか?
今ある、その大切にしたい想いは、例えば子どもたちにも受け継いで欲しいと思うものでしょうか。

わたしも考えてみました。出て来た大切にしたいものは、
挨拶はきちんとしよう
です。

挨拶は、ひととのご縁のきっかけになるもの。
ご縁から自分の人生の豊かさを積み重ねてきました。
つまりはご縁を大切にする、これを本質として伝えたいのだなと気づきました。
子どもたちにも伝えたい自分の価値観、ぜひ言葉にしてみてください。

 

<14日(火)午前5時39分 いて座上弦の月>

未来からのメッセージが降りてくるかもしれません。
ピンと来た方は、そのまま受け取ってください。

もう一歩考えても良いなって方は、次の問いに進んでみましょうか。

先にあげた、自分の価値観に辿り着いたのはなぜでしょうか。
その想いの源泉はどこだと思われますか? きっかけのようなものです。

わたしが次世代に伝えたいひとつは、ご縁の大切さです。
振り返ってみるとインパクトのあるご縁からは、必ずと言って良いほど、ブレイクスルーが起こってきました。人生が変わる経験です。

当時のわたしが、その道に進むには厳しさを感じることも多々ありました。
でもお陰さまで、まるでジェットコースターのアップダウンに絶叫するかのようでいつつ、ワクワクした人生となっています。
本当は“動く歩道”が如く、平穏な道のりで良いのですが、どうも魂はそれを望んではいない。
人を介して、いっぱい経験をすることが、わたしの生命力の源泉だからでしょう。

 

<21日(火)午前8時55分 うお座満月>

価値観と、そう考えるようになったきっかけまで掴めて来ました。

ここからは、いくつものキラキラとした道が開けてきそうです。
23日には、太陽がてんびん座へ移動します。この満月を経て、23日の秋分へ。
大切な価値観をもとに、自分が表現したい、もしくは味わいたい世界への道が広がっていくのです。

その時に月に言われるのが、どの道の扉を開くか、です。

「入り口までは連れて行ってやる。扉は自分で開け」
映画マトリックスの一シーン。
真実を知るかどうか、ためらう主人公への一言でした。

わたしたちも、扉を開く決断は自らせねばなりません。

 

<29日(水)午前10時57分 かに座下弦の月>

ここまで来たらもうエネルギーはかなり高まっています。
「わたし」というものを感じられるようになったら、花を咲かせるための流れが始まってきます。

秋分を境に、そのゲートが開かれます。
後は、流れに乗っかっていくだけです。目の前にやって来たことに、真摯に取り組んでいけばいいだけですから心配はいりません。
そうやって、次の10月6日てんびん座新月でのお披露目会に運ばれていきます。

ざっとこんなイメージです。

自分が本当に大切にする価値観とは?
次の世代へと受け継ぎたいものは?
その考えに至ったきっかけは?

さあ、扉を開けよう、と同時に起こり得ること

ここまでお読み頂いて、ピンと来ない方もあるでしょう。
焦りや、無理だという気持ちにもなるかもしれません。

知らない世界に飛び込むのに、恐怖を感じるのは当然のこと。
そういう風にカラダは作られているのですから。

わたしたちには自由意志があります。
扉を開けるかどうかは、自分で決めていい事です。

開けないと決めてもいいし、タイミングを見計らってもいい。
まずは自分の大切なことの見直しから取り組めばいいことです。

人によって必要なタイミングって、本当に違いますから。

それに、現象化するにもタイムラグを起こす場合があります。
ちょうどその日にちでなくても、手前だったりずっと後になって「わかる」ことも多いです。

なんとなくこういう流れがあるんだな、とヒントにして頂く使い方が、月よみです。

9月のセルフケアには

 何かのお告げが聞こえたり、見えたりはしないって方でも、メッセージって受け取れたら良いなって思いませんか?

上記した9月の月の流れの力を、大きく後押ししてくださる神さまがおられます。
木花開耶姫(このはなさくやひめ)さまです。
自分自身を生きる「決意」のサポートをしてくださる女神さま。
ありのままの自分であり続け、なお意思を貫く、美しい意識をお持ちです。
富士山近くの浅間神社さんが有名ですが、浅間神社は全国に1,300社以上も存在するそうです、ご縁があれば、ぜひお参りなさってください。

ご先祖さまへ想いを馳せ、手を合わせることもぜひ。
9月のエネルギーは、見えない世界との繋がりもサポートしてくれます。
お彼岸などはまさにそのための行事が行われるものです。

実際にお墓参りや参拝に行けたらいいけれど、なかなか難しい時でもありますね。ネットで調べたりしてイメージをしてみてください。
イメージに向かって手を合わせる。これだけでもココロを整えていくことができます。

価値観に従って世界を広げたいなら、扉を開けるのは自分だというお話をして来ました。
その後は、見えない世界、つまり天の助けが待っています。
普段から、見えるご縁はもちろんのこと、見えないご縁にも意識を持っていただけると歓びに溢れた世界を作れます。
世界はひとりひとりの意識で形作られていきます。
まずはご自身の喜びを表現してみましょうね。

どうぞ月よみ生活でしなやかな毎日をお過ごしくださいね。

=======

L I N E公式にて、定期的に月のお便りお届けしています。
月や星のお好きな方、ご登録ください。
今、アンケートお答えいただくと、バースディムーンメッセージをカードにしてプレゼント中です。ご登録時に一言メッセージをお願いいたします。
折り返し、お返事いたしますね。

https://lin.ee/TkZYB50

個人セッションはこちらからご案内しています。

月よみ師のプロフィール

陽菜ヒロミ 月よみ師
奈良市在住。
ピラティスで姿勢をよくする背骨運動を指導する。
トレーナー活動歴20年。
特に子育てや介護など家族環境などに伴い
心身の不調を感じやすい40代・50代の女性に
日常でのセルフケアの大切さをお伝えしている。

個人やグループレッスンを通じてのべ、18,000件のセッションを行ううち
感情や思考によってもカラダが大きく変化することを強く実感。
『人』そのものに興味を持ち、
ibマッピング(思考の整理術)や心理学も取り入れる。

また、セルフケアの勉強中『月よみ『に出逢い衝撃を受ける。
自分自身の頭痛やカラダのだるさといった、運動や心理面のケアだけでは取り切れない不調が。『月のサイクル』にリンクしていることを痛感。
これらをコントロール出来るようになった経験から、自然治癒力学校講師、Webマガジン執筆の他、知識と実践ワークで組み立てる オリジナルの講座『月よみ生活を始めよう』を展開している。

奈良は興福寺の阿修羅像、薬師寺の月光菩薩が好き。
自然治癒力学校認定ibマッピングスペシャリスト/月よみ師®
背骨ピラティストレーナー