月星座と対応する色が知っていた! 困った人間関係の対処法~やぎ座編~

こんにちは! 月よみカラーカードセラピスト 智香です。
さて、前回に引き続き、月星座が持つ「素の性質」と月星座に対応する色が持っている性質を絡め合わせながら、自分も知らない「本来の性質」とはどのようなものか? ということをお伝えしていきます。
そして、日常生活の中で人間関係に悩んだ時、本当はどうしたいのか、どのように対処したらよいのか、そのヒントになるような考え方についてもお伝えします。
「こうしたら上手くいくかもしれない」と人間関係に対して実験をするような気持ちで参考にしてみてくださいね。
第10回のテーマは、「やぎ座」です。

月星座とメンタルヘルス

やぎ座さんの特徴をお話する前に、月星座とメンタルヘルスの関係についてお話しておきましょう。

新型ウィルスの広がりにより、自粛自粛と求められ、おうち時間が増えたりリモートワークに変更されたりと、今までとは違う生活を強いられ何かと大きな変化を迎えることとなった方も多いのではないでしょうか。
私たちは、「変化」ということをとても嫌います。
それは、「変化する」ということは、「今まで経験したことのない世界に飛び込む」ということだからです。

知らない世界に飛び込む。
つまり、先が見えなくて、不安で不安でたまらなくなるのです。
たとえ今までの生活や生き方に何か不満があったとしても、「先がわからないよりはマシ」という意識が働き、未知の世界よりは今まで慣れ親しんできた生活へと戻りたいという思いが自然と湧き起こってくるものです。
それは、人間の「恒常性」によるもの。
従って、誰でもそういう気持ちは生まれるものなのです。

とはいえ、今はそれが許されない世界。
そのために大きな葛藤が生まれます。

おうち時間が増えると、やはりどうしても今までの活動的な部分というよりは月星座に象徴されるようなオフの時間の自分、素の自分が顔を出すことが多くなります。
そうすると、仕事をしていたり、いつもと変わらない日常を送っているようでも、ふとした瞬間に「あれ? 今までも私って、こんな風ではなかったのに……」と思うことも多くなります。

それは、太陽星座よりも月星座の特徴が出てくる時間が増えたから。
そういう場合に「私って、なんだかダメな人間になってしまった……」と、気持ちが落ち込むことも増えてくるのです。

そこで上手に利用していきたいのが自分の「月星座の特性」です。

月星座には、それぞれ得意不得意があり、この世界に生まれた以上、誰もがもともと持っている性質です。

1人が好きな星座、1人では寂しさを感じ、皆でワイワイとしていたい星座、何か役目を与えられればそのことに集中することができる星座、多くの物事に一度に取り組むことができる星座、皆を引っ張ていくリーダー的な存在の星座、引っ張ることは苦手で、サポートが得意な星座。
12星座に異なった性質があるのです。

不安でたまらなくなった時、「私はどんな月星座なのだろう?」と自分の性質を調べてみることで、不安解消の糸口となるパターンは多いものです。

例えば、さそり座さんの場合なら、強い探究心と集中力と持久力を持っています。
なので、この機会にその性質を活かして、忙しい毎日の中ではできなかったことを1つとにかく突き詰めて調べてみる。あるいは観察してみる。とか。

最近では熱帯魚を飼い始めたという人も多くなったそうです。
皆さんは、魚の泳ぎ方をよく観察したことはありますか?
「この魚は、こういう時にはヒレを動かさないんだ」とか、「この魚って、右回りにしか泳がないんだ。どうして?」とか。
改めてじっくり観察してみると、新しい発見もあり、見ているだけで心の癒しにもなるんですよ。

また、おとめ座さんであれば、コツコツと根気を必要とする物事に取り組むことが得意で完璧主義者の性質を持っているため、自分の住みよい住空間・住環境を納得がいくまで整えてみるなど。

自分の月星座の特性を活かして、今までやったことのないことをやってみる。あるいは、今までやってきたことを改めて整理してみる、というのもいいかもしれませんね。

以前と違っても、どんなあなたでも、決して「ダメな私」なんてことはありません。
自分の月星座と上手に付き合うことで、気が付いたら不安だった気持ちもなんだかスッキリして、「あ~、今日も楽しい1日だった!」なんて気持ちになっているのです。

月星座からのサポートをぜひ受けてみてくださいね。

月星座 やぎ座の性質とは?

さて、やぎ座さんのお話しに入っていきましょう。
このシリーズも残すところ3星座となりました。
月星座の中の10番目の星座、「やぎ座」はどのような性質を持っているのでしょうか?

皆さんは「やぎ」とういう動物にどのようなイメージを持っていますか?
なんとなく小高い丘の上で草をモシャモシャと食べている、見ていると心が和むというそうンなイメージを持つ方も多いかもしれません。
やぎ座とは、やぎという動物の性質そのままに、自然の中が大好きで野山や可憐な山野草を好む特徴を持っています。
静かな空間の中で、好きな音楽を聴いたり、美術鑑賞をしたり、芸術に包まれていることを自分自身の心の癒しとしています。

その一方で、草食動物である「やぎ」は、肉食動物から自分自身の身を守る必要もあります。
そのため、ノンビリしている半面、動くときにはサッと動くというとても活動的で活発な、自ら判断して率先して動くという強い行動力も持っています。
ただ、草食動物は集団で行動するという特徴があるように、やぎ座さんも個人で活動するというよりは会社や組織といった集団の中で活動することを得意としています。

普段はマイペースでノンビリ屋さんだけど、ここぞというときには驚きの行動力を見せる。
そして、単独ではなく、社会という組織の中で活動することで最大限にその能力を発揮する。

そんなやぎ座さんを色に置き換えると、光というよりはどこか柔らかく人をホッとさせる、「山吹色」なのです。

山吹色がもつ特質と色彩心理

山吹色は、色としては黄色に属していますが、オレンジが買っている部分も含んでいるため、光り輝いて「眩しい!」というよりは見ていると、どこか気持ちがホッとするような心が和らぎ安心感を与える色です。

黄色が持つ、光り輝く未来への明るい希望や知的な部分とオレンジ色が持つ陽気な部分や向上心や拘りをもって物事に取り組む心、そして静かにじっとその場で観察し深い洞察力を兼ね備えています。
さらに、茶色が少し含まれているため、陽気であっても浮足立つことがなく、地に足をついて責任感を持ってひとつのことを成し遂げるという、着実であり堅実、責任感の塊でもあるのです。

社会に馴染んでいて地に足がついており希望を感じさせてくれる色。
それが山吹色なのです。

やぎ座さんの性質を活かすには?

自然を愛し、野山や山野草が大好きで、芸術的なものに囲まれて自分自身を癒すことを知っている。このような性質を持っているやぎ座さんや、煩わしい人間関係よりも静かに自然に触れ、自分自身のペースを守ることがとても重要です。
社会性に富み、活動的ではあるものの、「皆でワイワイする」というよりも、社会の一員ではあるけれども、自分のペースで「自分にまかされたことをキッチリと成し遂げる」ことがとても得意です。
真面目で責任感が非常に強いため、途中で投げ出すということはありません。

規律を守り、自分との約束は必ず守る。
そういう責任の持ち方がやぎ座さんにとっての大きな特徴といえるでしょう。

ただ一方で、ルールを守ることを重要視するあまり、1つのことに執着したりこだわったりしすぎてしまう面もあります。
期限や時間が決められた場面では、社会チームの足を引っ張ることにもなります。

何かのミッションを達成するためには、時には周りに合わせて多少の妥協をすることや、物事には期限があることもあるのだということを心にとどめておくことがやぎ座さんにとってはとても重要な注意点となるのです。

例えば会社のプロジェクトでいえば、「期限」ということさえ忘れていなければ、やぎ座さんはとても周りから喜ばれる存在になります。

やぎ座さんは、ユーモアに富み陽気でポジティブな面を持っているため、プロジェクトが行き詰まりチーム内に険悪なムードが漂ったときにでもその雰囲気を持ち前のポジティブさで打開することができます。
地に足がついているため、浮足立った発言をすることはなく、ユーモアの中にも気遣いが感じられるのです。
そのため、チームメンバーは思わずやぎ座さんの発言に笑ってしまったり、気が付けば険悪だった雰囲気も陽気で明るく、皆が「よし!頑張ろう!」という一致団結できるような雰囲気に変わっているのです。
そんなやぎ座さんの人柄に周囲の人はとても安心感を抱くことでしょう。

「誰かにやってもらおう」とか、「なんとかなるかな」という楽観的ではなく、「自分でできることは自分で行う」。
そうやって着実に物事をこなしていくことが、結果的には会社や家庭、社会においてとても役に立つのです。

相手の月星座がやぎ座の場合 

相手の月星座がやぎ座さんの場合には、その特徴を存分に活かしてあげましょう。

やぎ座さんは、とにかくルールには忠実で自己責任が強い性質があります。
また、自分や自分の周りの生活を守るためにも一生懸命何事にも取り組みます。

従って、やぎ座さんに対しては、その責任感を認めてあげて、「これ、お願いしていいかな」と任せてしまうことが最も良いのです。

やぎ座さんは、自分のペースで進められないことに対しては大きなストレスを感じてしまい、能力を最大限に活かすことができません。
また、自然と触れられない環境に対しても窮屈さを感じてしまい、やる気を失う結果となります。

自然と触れられる環境を整え、任せたことに対しては自分のペースで進められるように見守り、その姿に「頑張ってるね!」と一言声をかけてあげるだけで、やぎ座さんにとっては十分な活力となります。

やぎ座さんは、伝統とルールの大切さを知っているため、社会の中でも「自分は一人で生きているわけではない」と無意識に感じています。
だからこそ、自分のためだけではなく人のため、社会のために頑張れるのです。

家庭においても、その気持ちは同じです。

家族を大切にし、家族のために自分のことは自分でできる範囲で行います。

従って、やぎ座さん自身のことは信じて見守っていれば大丈夫です。
もし気になるようなところがあれば、「ここはこうすることにしない?」と、ルールとして決めてしまえばその後はしっかりと修正してルールを守ります。

ユーモアがあり、陽気で常にポジティブな面は家庭内も明るくします。
やぎ座さんの自己責任の強さを信じてあげることで、相手とのトラブルや争いを回避し、ぎくしゃくした人間関係の問題も解決することができます。
そして物事が円満に進んでいきますよ。
ぜひやってみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
それでは、また次回お会いできますことを楽しみにしております。
月よみカラーカードセラピスト 智香でした。

月よみ師のプロフィール

智香
" 月よみカラーカードセラピストの智香です。
私は、2016年まで普通のOLでした。
行政書士事務所に勤務し、心とは無関係な環境にいました。
しかし、
事務所の所長が急逝したことをきっかけに私の業務や勤務環境は一変。

その頃、偶然目に留まったカルチャーセンターでの生徒募集の文字。
その広告がきっかけでカラーカードセラピーに興味を持ち始め「色と心の関係って凄い!」と実感するようになりました。

その後、職場でストレスを溜め続けた結果、仕事に行くことが困難なほど体調を崩し退職。
それが転機となり、カラーカードセラピーを深め月よみを学び、月星座とカラーカードの読み解きを組み合わせることで心のモヤモヤを解決できる!と実感しました。

現在は月よみとカラーカードを使って、働く女性が「心の健康を保ちながら自分らしく生きている!」という実感を持って過ごせるようになるためのサポートをしています。"