恋する月星座 あなたはどんな恋をする!? ~おひつじ座編~

こんにちは! 心地よい人間関係づくりをお手伝いしている 月よみ色彩占術師 智香です。

恋愛やパートナーシップというのは、私たちの人生の中でとても大きな要素となるものです。
この恋、うまくいかせたい! この恋、何とか成就させたい! パートナーと楽しく生きていきたい!
そんな願いは持っていて当然。
それなのに、喧嘩をしたりうまくいかないことも多々あったり……。
悩んでみても、何をどうしたら良いのかわからない。
そんな時には月星座の力を借りてみましょう。
月を活かし、月を味方につけることで、うまくいかなかったことも何だかスルスルスルッとスムーズにいくかもしれません。

新たに始まった月星座の恋愛シリーズ!
悩めるあなたのヒントになるといいなと思います。

気がついたら、あの人のことが気になっていた。
いつも同じ人のことばかり考えてしまう。
そんな経験があなたにもあるかも知れません。

平穏な日常に突如として荒波のように飛び込んでくる「恋」。
恋する瞬間とはまさに予期せぬ時に不意にやってくるものです。

“恋に落ちる”というように、気がつかないうちに誰かに恋をしてしまっている。
ということも起こります。
「あれ!? こんなの、いつもの自分じゃない!!」と、自分自身の行動や発言に驚くこともしばしば。
誰しも、恋をするとその瞬間は平常心でいられないのです。
むしろ、平常心ではないから恋に落ちるのかも知れません。

平常心ではいられないとき、つまり動揺した状態のときに不意に顔を出しているのが「月星座の性格」です。

例えば、普段はクールで大人しい性格の人が、恋をした途端に何だかテンションが高めになったり、反対に、いつもはおしゃべりで積極的な性格の人が、特定の人の前では無口で妙に消極的であったり。
そんな風に、「あれ? なんだかいつもと違うね。」と感じさせる何か。
それが、ピョコっと顔を出している月星座の特徴なのかも知れません。

月を味方にすることで、私たちは今以上にココロもカラダも満たされた生活を送ることができます。
月を味方にするために、自分の月星座の性格を知っておくこともオススメです。

月星座の性格の中でも、このシリーズでは月星座ごとの「恋の特徴」をご紹介していきます。
それぞれの月星座が恋をするとどんな状態になるのか。
恋を成就させるため、新たな恋をするため。
月星座ごとの恋模様。

おひつじ座さんから順番に読み解いていきましょう。

おひつじ座さんはどんな人?

第1回目は「おひつじ座」です。

おひつじ座は、12星座の中でも1番最初の星座。
トップバッターです。

そのため、何をするのでも、とにかく“1番!”が大好き。
1番であること、つまり「特別であること」に強いこだわりがあります。

オリンピックの金メダリスト
何かを1番最初に成し遂げた人
1番最初に何かを見つけた人
女性初の○○
世界初の××

そういう「1番」のつく人たちは、周囲からその功績を認められ、「凄い!!」と称賛されます。
そして、特別な存在として扱われるのです。

そう。1番であるとは、特別であるということ。
12星座のトップバッターであるおひつじ座さんにとっては、何よりこの「特別なんだ」ということがとても重要なことなのです。

そんなおひつじ座さんの特徴は、
・とにかくやってみたい
・考えるよりも、まず行動する
・新しいことにチャレンジしたい
・思ったように行動したい
・じっとしていられない
・喜怒哀楽の表現が豊か

ということが挙げられます。

とても素直で純粋な心を持ち、言葉も行動もストレート。
気持ちをそのまま外部へと表現しています。

火のエレメントに属しているため、とても情熱的でエネルギーに満ちています。
頭で考えるよりも、何事も「まず、やってみよう!」というタイプで、フットワークも非常に軽く行動的です。
自分の気持ちにまっすぐで、ドキドキワクワクする、心の中に湧き上がってくる好奇心や喜び・怒りといった燃え上がる衝動が行動の原動力になっています。

そんな情熱的なおひつじ座さん。
恋をすると、どんな景色が見えるのでしょうか?

おひつじ座さんの恋模様

おひつじ座さんは、何でも1番・特別と感じることが大好きです。
恋をすると、相手にとって「特別な存在になりたい!」と思います。
そして、持ち前の行動力と積極性でストレートに相手にアタックしていきます。
イケイケGOGOです(古いかな?)

「この人のことが好き!」と思ったら、自分の想いを相手に伝えられずにはいられません。
時には、状況やムードなんてお構いなしで、「好きです!」と衝動的に想いを伝えてしまうこともあります。
そのストレートさに、相手は驚いてしまうものの、おひつじ座さんの素直でまっすぐな気持ちや、その情熱はそのまま相手に伝わり、相手の心を動かすことも多いのです。

ただ、その反面、瞬間湯沸かし器のように熱しやすく冷めやすい面もあるため、相手への恋心は一気に燃え上がり、告白して成就したのは良いものの、その後長続きしない……ということも。
それは、自分の中の恋愛へのエネルギーが持続しないため。
おひつじ座さんは持久戦が苦手で、何かを「続ける」ということが不得意なのです。

アツアツに沸かしたお湯も、時が経てば冷めてしまうように、燃え上がった相手への情熱も、お付き合いが進むうちに、「なんだかなぁ……」と思い始めるかもしれません。
スピード婚と言われた夫婦がスピード離婚をするのも、この熱しやすく冷めやすいことが原因。

そうならないために、おひつじ座さんはどうしたらよいのでしょうか?

それは、常に「新たな刺激を探すこと」です。
おひつじ座さんは、好奇心がとても旺盛です。
そしてチャレンジ精神があり、新しいことが大好き。
つまり、「刺激」が重要なのです。

刺激ばかりの毎日には多くの人は疲れてしまいますが、おひつじ座さんはそんなことを気にもとめません。
刺激! welcome! という状態です。

とはいえ、何か新しい刺激を毎日の生活の中で常に考えだすことは至難の業。

そこでお勧めなのが、体を動かしながら行う自分探しや勝負事です。
おひつじ座さんは、じっとしていることが苦手なので、瞑想のようにその場でじっとして内観を深め自分を探していく……ということは難しいのですが、体を動かしながら自分の中の気持ちや感情を見つめなおし自分を深めていく、そういう方法はできるのです。
ポイントは、「体を動かしながら」です。
スポーツをするのも良いでしょう。
ハイキングやレジャーで思い切りはしゃぐのも良いでしょう。
体を動かしながら、今の自分がどう感じているのか。
仕事で何かモヤモヤしていることがあれば、何が原因でそう感じているのか。
動きながら自分の内面と向き合い、自分の気持ちを探すと良いでしょう。

また、1番が大好きなおひつじ座さんなので、誰かと競うようなゲームもお勧めです。
どうすれば1番になれるのか、どうすれば相手に勝てるのか、そんなことを常に考えているうちに、それは自然と「刺激」となり、おひつじ座さんにとって「刺激のある毎日」となります。

こうしたスポーツやレジャーやゲームを恋する相手、あるいはパートナーと行うことで、自分と相手とのコミュニケーションをはかることも出来、知らず知らずのうちに不満も解消されていきます。

おひつじ座さんが「1番」や「特別」を求めるのは自分に対してだけではありません。
相手に対しても「特別な人」という条件を求めます。
といっても、「普通は嫌だから特別なことをして!」というわけではなく、「自分が好きになった人は特別な人」という見方をしています。

それは、おひつじ座さん自身が「自分は自分、人は人」という、自分と人とを切り離した見方をしており、相手のことをそのまま受け入れているからなのです。
そのため、誰が何と言おうと、「自分が好きになった人は特別」なのです。
そういうところも、非常に純粋で素直だといえるでしょう。

純粋でまっすぐで、思ったことをそのままストレートに口にして行動に移すおひつじ座さん。
素直であるがゆえに、誤解を生むこともあります。
情熱的で好きになったら一直線。
その行動力には目を見張りますが、持続することが課題です。
刺激が足りないと、他の人がよく見えてしまうこともあります。
おひつじ座さんが意識すると良いことは、「成就した恋を育てていくこと」。
自分が好きになった人は特別な人なのだから、自分の気持ちと相手の気持ちを信じ、息抜きをしながら「絆を強めていく」ことを目標としていくときっと関係も長続きします。

何だかうまくいかないな……この恋、成就させたいのに。
この人と良い関係を築いていきたいのに。
そんな風に、何か言葉では表せないような壁にぶつかったとき。
自分の中の月を満たし、味方につけてみてください。
今まではなかなかうまくいかなかったことも、きっとうまくいくようになりますよ。
ぜひやってみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
それでは、またお会いできますことを楽しみにしております。
月よみ色彩占術師 智香でした。

セラピールーム あおいくま Facebookページ
 よろしければ、いいね!をお願いします(^-^)♪
↓↓↓
(1) Therapyroomあおいくま | Facebook

あおいくまチャンネル
色彩占術師の視点から ユルっとラジオ配信しています♪
 ↓↓↓
あおいくまチャンネル | stand.fm

月よみ師のプロフィール

智香
" 月よみカラーカードセラピストの智香です。
私は、2016年まで普通のOLでした。
行政書士事務所に勤務し、心とは無関係な環境にいました。
しかし、
事務所の所長が急逝したことをきっかけに私の業務や勤務環境は一変。

その頃、偶然目に留まったカルチャーセンターでの生徒募集の文字。
その広告がきっかけでカラーカードセラピーに興味を持ち始め「色と心の関係って凄い!」と実感するようになりました。

その後、職場でストレスを溜め続けた結果、仕事に行くことが困難なほど体調を崩し退職。
それが転機となり、カラーカードセラピーを深め月よみを学び、月星座とカラーカードの読み解きを組み合わせることで心のモヤモヤを解決できる!と実感しました。

現在は月よみとカラーカードを使って、働く女性が「心の健康を保ちながら自分らしく生きている!」という実感を持って過ごせるようになるためのサポートをしています。"