エレメント別オススメ妊活!~水×風編 猫&牛妊活

こんにちは。月よみ師®笑子(にこ)ちゃんこと鈴木順子です。
整体、ヨガ、カウンセリング、気功、月よみを全部含めて妊活やセルフケアをお伝えしています。

月よみで妊活

ここでは、月星座と太陽星座のエレメント組み合わせによる妊活の仕方をシリーズでお伝えしていきます。
のエレメント 牡羊座、獅子座、射手座
のエレメント 牡牛座、乙女座、山羊座
のエレメント 双子座、天秤座、水瓶座
のエレメント 蟹座、蠍座、魚座
今回は、15回目月星座の星座×太陽星座の星座の方の妊活をお伝えします。

水×風の特徴

月星座のエレメントのタイプ
蟹座 感受性豊かな気配りの天才、頑固だけど優しく大人しいタイプ
蠍座 感情を内に秘めたクールな情熱家、愛情たっぷりタイプ
魚座 心優しくピュアで傷つきやすい繊細で空想好きなタイプ

太陽星座のエレメントのタイプ
双子座 知的好奇心が旺盛でスマートだが、デリケートで複数のキャラを持つタイプ
天秤座 バランス感覚に優れて華やかだが、コンプレックスを内包する白鳥タイプ
水瓶座 独創性豊かなアイディアマンだがクールな自由人タイプ

」×「」これを掛け合わせた性格です。
波のような人

風の吹く方向、強さで波の高さや、大きさが変わります。
何もかも包み込む海、すべての物を飲み込むことができる優しさがあります。
いくらでも相手に合わせて形を変えることができる水。
何もなければ凪の状態。
でも、凪は何も生み出さない。
風によって波が立つことで、常に変化していく。
同じようで同じではない。
嵐では、荒れ狂い高い波を立て何もかも飲み込んでいく。
とても柔軟に物を考えられ合わせられ、包み込む優しい人。
普段は、バランスよくクールで大人しいタイプだけれど、でも感情が高ぶった時は、嵐のように何もかも壊してしまうくらいの強い情熱を内に秘めている人です。

そこで水×風の妊活はこれ!

背骨を動かす キャット&カウ
ヨガのキャット&カウをご存じでしょうか?
四つ這いになり背骨を柔軟に波のように動かしていく運動です。
手でマットを押して背中を丸めた時、怒った猫、胸を反らした時、牛のようなのでキャット&カウと言います。

1) マットに四つ這いになり、足は、腰幅、お尻の下に膝がくるようにします。
膝下から脚の指先まで真っ直ぐに伸ばします。
手を大きく開き、腕は、肩幅、肩の下に手首が付くように手をマットにつきます。
脇の下、足の付け根、膝が90度です。
背中は真っ直ぐ伸ばし体でテーブルを作ります。
これが基本の姿勢です。

2) まず今ある息を全部吐きます。

3) 息を吸いながらお尻をプリっと上に向けて尾骨から背骨を一骨一骨波が伝わるように動かしていき、背骨を反って胸を開いていきます。その時、手と脛(膝から足の甲まで)でマットを押します。頭を少し、上に向けて目線は上げます。下の写真参照↓

4) 息を吐きながら手と脛(膝から足の甲まで)でマットを押して、お尻を下に向けて、尾骨から背骨を一骨一骨波が伝わるように背中を丸めていきます。
目線はお腹。お腹を薄くします。下の写真参照↓

5) これを、10回くらい行います。朝晩行うとよいでしょう。
背骨を柔軟に動かせると、体全体を動かすことができるようになり、整ってきます。
背骨が整うと、骨盤も整い、臓器の位置が本来の位置に戻るので、妊娠しやすくなります。

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。
この運動は、妊活者だけでなく誰が行っても体によい運動なので是非やってみてください。
ただいま妊活モニター募集中! 先着3名様です。
本気で妊活を考えている方、まずは無料カウンセリングいたしますので、気になる方はメッセージください。
https://lit.link/mahorobaniko
できましたらFacebook、Instagram、ブログフォローしていただけると嬉しいです。
LINEもご登録していただけると、月よみ情報だけでなくセルフケア等をお送りしています。

月よみ師のプロフィール

笑子(にこ) 月よみ師
自然妊娠アドバイザー 月よみ師笑子(にこ)です。
東京下町在住。認知症の母と夫、娘の4人家族。
子供を産んでから体を壊し、持病だらけで薬をいっぱい飲んでいましたが、
ヨガや心の勉強で自分の心のあり方が病気を作っていることにきづきました。

薬をやめて、自分で病気を治そうとセルフケアをした結果、めまいや手の病気をコントロールできるように。
月よみの宿曜を学び、子供や母親との関係性を知ったことで、確執に対応できるようになってきました。

私は結婚前から不妊治療をしていましたが、自然妊娠で子どもを授かりました。
現在は、これまでの私の経験と、ヨガ、カウンセリング、整体、月よみなどの知識を融合して、妊活している方の応援をしています。