恋する月星座 あなたはどんな恋をする!? ~おうし座編~

こんにちは! 心地よい人間関係づくりをお手伝いしている 月よみ色彩占術師 智香です。

恋愛やパートナーシップというのは、私たちの人生の中でとても大きな要素となるものです。
この恋、うまくいかせたい! この恋、何とか成就させたい! パートナーと楽しく生きていきたい!
そんな願いは持っていて当然。
それなのに、喧嘩をしたりうまくいかないこともたたあったり……。
悩んでみても、何をどうしたら良いのかわからない。
そんな時には月星座の力を借りてみましょう。
月を活かし、月を味方につけることで、うまくいかなかったことも何だかスルスルスルッとスムーズにいくかもしれません。

新たに始まった月星座の恋愛シリーズ!
悩めるあなたのヒントになるといいなと思います。

気がついたら、あの人のことが気になっていた。
いつも同じ人のことばかり考えてしまう。
そんな経験があなたにもあるかも知れません。

平穏な日常に突如として荒波のように飛び込んでくる「恋」。
恋する瞬間とはまさに予期せぬ時に不意にやってくるものです。

“恋に落ちる”というように、気がつかないうちに誰かに恋をしてしまっている。
ということも起こります。
「あれ!? こんなの、いつもの自分じゃない!!」と、自分自身の行動や発言に驚くこともしばしば。
誰しも、恋をするとその瞬間は平常心でいられないのです。
むしろ、平常心ではないから恋に落ちるのかも知れません。

平常心ではいられないとき、つまり動揺した状態のときに不意に顔を出しているのが「月星座の性格」です。

例えば、普段はクールで大人しい性格の人が、恋をした途端に何だかテンションが高めになったり、反対に、いつもはおしゃべりで積極的な性格の人が、特定の人の前では無口で妙に消極的であったり。
そんな風に、「あれ? なんだかいつもと違うね。」と感じさせる何か。
それが、ピョコっと顔を出している月星座の特徴なのかも知れません。

月を味方にすることで、私たちは今以上にココロもカラダも満たされた生活を送ることができます。
月を味方にするために、自分の月星座の性格を知っておくこともオススメです。

月星座の性格の中でも、このシリーズでは月星座ごとの「恋の特徴」をご紹介していきます。
それぞれの月星座が恋をするとどんな状態になるのか。
恋を成就させるため、新たな恋をするため。
月星座ごとの恋模様。

今回はおうし座さんを読み解いていきましょう。

おうし座さんはどんな人?

第2回目は「おうし座」です。

おうし座は、12星座の中でも2番目の星座。

おひつじ座さんで誕生を遂げた星座は、2番目のおうし座さんで体を持つことになります。
体を持つということは、感覚を感じるということ。
手・足・口・耳・肌、色々な場所からこの世に存在するすべての物事に触れて、自分の外側に広がっている世界を知り、認めていくのです。

そのため、おうし座さんは、非常に五感が優れており、現実を重視します。
自分自身が感覚を味わうことで、安心・安全を感じるのです。
とても堅実で現実的な性格が特徴です。

快適な環境を保つことは、おうし座さんにとって最大の関心ごととなっています。

いつ、外敵に襲われるかわからない
いつ、生命の危険にさらされるかわからない
いつ、今の生活が壊れるかわからない

そんな不安ばかりの毎日では、快適な環境とは言えません。
心配なく暮らせるお金があること、おいしいものが食べられること、快適な住まいや家庭環境があること、そんな当たり前にも見える生活環境・生活基盤が整っていること、それがおうし座さんにとっては何より大切で必要なことなのです。

そんなおひつじ座さんの特徴は、
・安心感や安全、安定を求める
・穏やかで争うことは苦手
・非常に五感に優れている
・のんびり屋さん
・自分のペースを大切にする
・現実主義

ということが挙げられます。

自分にとっての心地よさを大切にし、自分のペースで物事を進めていきます。
自分にとっての心地よさを大切にするため、「違和感がないか」「居心地の悪さを感じないか」など、心地よさを確認するために五感を使ってすべてのものごとをしっかりと味わいます。

そんな現実的で感覚重視のおうし座さん。
恋をすると、どんな景色が見えるのでしょうか?

おうし座さんの恋模様

おうし座さんは、現実的で自分にとっての心地よさをとても大切にしています。
そして、とても粘り強く1つのこととじっくりと向き合いながら自分のペースで進んでいきます。

恋をすると、「この人と、安定した家庭を築きたい」という思いが強く、目の前のトキメキよりも安心安定した関係、「恋愛=結婚」という思いを抱くのです。
というのも、そもそも堅実的なおうし座さんは滅多に一目惚れをすることはありません。
出会った相手とじっくりと向き合い、会話やデートを繰り返しながら関係を積み重ねていき、その中で「この人はどういう人なのか? この人のことを本当に好きなのだろうか?」と、相手自身の人柄や性格、そして自分自身の気持ちも時間をかけてじっくりと確認していくのです。

そして、一緒にいることに対して心地よさを感じ、相手の本質を見極めることが出来ると、「この人と安定した、平和な生活を送りたい」と、結婚を見据えたお付き合いをするようになるのです。

おうし座さんは、安心感のある落ち着いた雰囲気を持っているため、相手から交際申し込みの告白を受けることも多いでしょう。
元々、自分から積極的にアタックしていくことが苦手な性格なので、好きになった相手からの告白にはとても嬉しさを感じます。
また、周囲との衝突や争い、平和を乱すような激しさを苦手とする性質があるため、相手の方にとっては、「とても穏やかで、一緒いると何だか心が和む」と、知らず知らずのうちに安心感や安らぎを与える存在となっているかもしれません。

ただ、その反面、ちょっとした変化を苦手とするため、人にペースを乱されたり、相手が現実世界からかけ離れて夢やロマンを追いかけすぎていると、どんなに好きになった相手であったとしても、安心した長期的な関係を築くことが出来なくなり、「この人とは無理!! こんな関係は続けていけない」……ということも。
それは、自分自身が快適に暮らしていくことが出来るという根本的な揺らぐことのない保証を重視し、どれだけ相手のことを好きになっても、現実的な視点を決して忘れることがないため。
おうし座さんは、「自分は愛されている」「自分は大切にされている」という実感を求め、そのためには相手は安心感を与えてくれる存在でなくてはならず、愛情を感じない人とは人間関係を深めるということはないのです。

穏やかな夫婦が突然離婚をするのも、思いもよらぬ変化が2人の仲を修復しがたいものにしてしまったことが原因。

そうならないために、おうし座さんはどうしたらよいのでしょうか?

それは、「自分の感覚を大切にしながら、チャレンジや変化に挑んでみること」。
そして、できるだけ「相手の言葉に耳を傾けること」です。

おうし座さんは、五感にとても優れています。
そのため、自分の感じている感覚には非常に敏感なはず。
それなのに、実はその感覚を見て見ぬふりをすることも少なくないのです。
それは、争いを嫌うために、自分が感じていること・思っていることを相手に言うことが出来ないのです。
「これを言ったら、相手との関係が変わってしまうのだろうか?」
「私は、これは不快と感じているけれど、こんなことを伝えたら相手と喧嘩になるだろうか?」
と、そんなことを考えているうちに、自分の知らないところで小さな不満や不快感が溜まっていって、ある時にドッカ―――ン!と、大爆発をすることもあります。

相手に言わないこと・伝えないことが、最大の解決策ではありません。
相手の言葉にも耳を傾けるという姿勢さえ持って入れば、「相手がなぜそのような行動を取るのか?」という不快感や不安や疑問も、相手の返答から知ることも出来ます。
そもそも相手にとっておうし座さんは、「いつも穏やかでのんびり屋さんで和む存在」なので、そういう人が自分の気持ちを伝えたところで、相手にとっては「え!? そんな風に見えていたの!? ごめん、気がつかなくて」と、修正してくれたり合わせてくれたりすることが多いのです。

ただ、そもそもの性質をいきなり変えることも難しいですよね。

そこでお勧めなのが、自分の心を満たしながら苦手な部分も取り入れる事です。
おうし座さんは、体の感覚を通して心を満たされることが多いので、例えば肌感覚からは、マッサージがお勧めです。
人のぬくもりをダイレクトに感じられ、同時にスキンシップも取ることが出来るマッサージ。
そして、おいしものを食べることで味覚を通して心を満足させることも良いでしょう。
森林浴や空気の良いところへ出かけて散歩をすると、体中の感覚がリフレッシュして満たされます。

そういう「感覚」を満たすことを行い、心が満たされたところで、少し相手の話に耳を傾けてみたり、自分が苦手だと感じていたことを行ってみるのです。
それを繰り返していくうちに、今までの頑なに現実に留まっている姿勢も少し変化してくるかもしれませんね。

五感に優れ、安心安定をとにかく求めているおうし座さん。
現実的であるがゆえに、少しでも変化を起こそうとする相手に対して不快感を覚えることもあります。
じっくりと相手と向き合い、「この人」とパートナーを決めると、自分はサポート役に徹して一生懸命相手のことを支えどっしりとした包容力で相手を包み込みます。
その様子に、パートナーはとても安心感と安らぎを感じ、家族のために自分の夢のために人生を歩むことが出来るでしょう。

その姿勢には目を見張りますが、時には相手の意見にも耳を傾けることが課題です。
相手も一人の人間です。
相手の想いや考え、歩みたい人生や実現したい夢があります。
おうし座さんが意識すると良いことは、「ただ黙っているのではなく、時には不安や不快な思いも伝え共有し合うこと」。
自分が好きになった人は特別な人なのだから、自分の感覚と相手の想いを信じ、リラックスを取り入れながら「その時その時の安心した関係を築いていく」ことを目標としていくときっと関係も長続きします。

何だかうまくいかないな……この恋、成就させたいのに。
この人と良い関係を築いていきたいのに。
そんな風に、何か言葉では表せないような壁にぶつかったとき。
自分の中の月を満たし、味方につけてみてください。
今まではなかなかうまくいかなかったことも、きっとうまくいくようになりますよ。
ぜひやってみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
それでは、またお会いできますことを楽しみにしております。
月よみ色彩占術師 智香でした。

セラピールーム あおいくま Facebookページ
よろしければ、いいね!をお願いします(*^-^*)♪
↓↓↓
(1)  Therapyroomあおいくま | Facebook

あおいくまチャンネル
色彩占術師の視点から ユルっとラジオ配信しています♪
↓↓↓
あおいくまチャンネル | stand.fm

月よみ師のプロフィール

智香
" 月よみカラーカードセラピストの智香です。
私は、2016年まで普通のOLでした。
行政書士事務所に勤務し、心とは無関係な環境にいました。
しかし、
事務所の所長が急逝したことをきっかけに私の業務や勤務環境は一変。

その頃、偶然目に留まったカルチャーセンターでの生徒募集の文字。
その広告がきっかけでカラーカードセラピーに興味を持ち始め「色と心の関係って凄い!」と実感するようになりました。

その後、職場でストレスを溜め続けた結果、仕事に行くことが困難なほど体調を崩し退職。
それが転機となり、カラーカードセラピーを深め月よみを学び、月星座とカラーカードの読み解きを組み合わせることで心のモヤモヤを解決できる!と実感しました。

現在は月よみとカラーカードを使って、働く女性が「心の健康を保ちながら自分らしく生きている!」という実感を持って過ごせるようになるためのサポートをしています。"