日々の暮らしは乙女座的

こんにちは。月よみ名前鑑定師の星の安祐美です。

本日3月18日(金)16:18 乙女座で満月を迎えます。
乙女座は12星座の6番目の星座。

12星座を人生の段階であらわすと、社会にでるための様式を学ぶ時期。
恋愛や好きなことをして人生を楽しむことが主だった時期を終え、次の段階に進むための準備をする時期にあたります。

この春、大学を卒業した多くの若者たちもまた、自分が社会に貢献できることを探す旅がスタートするってことですね。

私たちも通ってきた道、特別な緊張感をもって仕事に臨んでいたことを思い出します。

義務を果たす

乙女座のキーワード「I analyse」私は分析する。

これはどういうことでしょう。

乙女座の人は分析力があると言われます。

仕事、他人の行動など常に物事を分析して考える性質をもちます。

何のために分析するのか?

その根本にあるのは

「私に何ができるのか?」

「自分をどう見せるのか?」

それを追求し、そのことに関して社会で義務を果たしたいという目的があるからです。

物質との関係

「地」のエレメントをもつ乙女座。

「地」のエレメントをもつ星座は目に見える物質との関係が深いです。

「地」のエレメントをもつ星座は3つ、牡牛座・乙女座・山羊座です。

牡牛座は五感を満足させるために必要な物質を得る。

山羊座は社会的な成功を得る。

では、乙女座はというと

物の扱い方、管理の仕方を追求し自分のものにする。

仕事、人間関係そして肉体も目に見えるもの、健康管理も乙女座の役割です。

乙女座の人はまじめで几帳面な人も多く、身体のケアがしっかりできている人も多いのではないでしょうか。

まじめさと純粋性

世界からみたら日本人はまじめな人種だと思われていますよね。

同じ時間に起床して仕事をし、家に帰って就寝する。
義務を果たすかのように毎日繰り返す。

世界が感心するいい例が、通勤の満員電車です。
毎日同じ時間にきちんと並んで電車を待ち、文句も言わずにすし詰め状態で通勤する。

その電車も特別なことがない限り、1分の遅延もなく時刻表通りに到着しますよね。

食など健康に関してもそうです。
日本人は健康意識が高く、日本食が世界で注目されています。

日本人の中には

「私にできる事で義務を果たしたい」という純粋な乙女座的な性質が土台にあるような気がします。

日本人である私たち一人ひとりの毎日の暮らしそのものが、乙女座的なんですよね。

新月には「願い」満月には「感謝」という法則があります。

満月の今日、私は日本人に生まれてきたことに感謝しようと思います。
あなたは何に感謝しますか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたが社会で果たす義務を鑑定いたします。現在特別料金で募集中!
月の音(ね)お名前鑑定Zoomセッション

随時更新中
星のことほぎ気学ブログ

毎月の運勢を配信します。
星のことほぎ無料気学メルマガ

お名前の音の意味を配信しています。
星のことほぎ公式LINE

月よみ師のプロフィール

星の安祐美 月よみ師
30代前半、夫の会社が経営破綻しそれが原因で離婚。
30代後半、出会った男性がまたも会社経営。
私も経営に携わる中でさまざまな葛藤を抱えていた。

40代前半、一冊の本に出会い、著者の女性がメンターとなる。
自分の本音、悩みの根っこに近づいていったが、4年後彼女の訃報を受け、
喪失感を覚える。

心を癒したのは自然のチカラだった。一年間の散歩で出会う空、植物、夕陽、
月によって、生きていることに感謝し明日を生きる希望となった。

2016年、九星気学や名前鑑定を習得し、私の過去の出来事はバイオリズムに
沿って起きていたことを知る。
300人超のモニターを経て、個人レッスンを実施。

2019年、偶然月よみを知る。
現在は、月の満ち欠けを宇宙のバイオリズムとして取り入れたレッスンを
行っている。

九星気学&名前鑑定師 

マガジン内検索