畢宿、軫宿、女宿の宿別セルフケア

こんにちは。月よみ師®笑子(にこ)ちゃんこと鈴木順子です。
ボディケア、ヨガ、カウンセリング、気功、月よみを全部含めてセルフケアをお伝えしています。

宿曜は、弘法大師こと空海が遣唐使として中国から持ち帰った経典の一つ、密教です。
宿曜の宿一つ一つは、身体の部位が当てられています。
そこで、宿ごとに合わせて、セルフケアをしていきます。
ご自分の宿は、このサイトで調べてくださいね。

運命のトライアングル

畢宿、軫宿、女宿は、前世の宿、来世の宿、現世での同じ宿(命)の関係でソウルメイトの関係です。
この3つの宿の共通点は、幸運に恵まれていることです。
この宿の人に出会えたら助けたり、助け合えたりする関係になるのでラッキーです。

畢宿 身体部位は額 百面相で若返り

畢宿は、揺るがぬ人。自分の意思をしっかり持っています。
生涯をかけて何かを成そうと信念を持っています。
頑固さで顔が怖くなりがち。
そこでセルフケアは、表情筋を動かして百面相です。
口を大きくあけて「あいうえお」
全部の筋肉を外に向けて、目を見開いて「あ~」
口角を横に思いっきり開いて「い~」
口をすぼめてとがらせて、たこみたいな口で「う~」
舌を思いっきりだしてあかんべ~で「え~」
口を思いっきり縦に開いて「お~」
眉毛を上下に動かす。顔のパーツを全て中央に集める。ウィンクする。
口を左右に動かす、頬をふくらます、すぼめる、もぐもぐする、目を見開く、思いっきり閉じる。
とにかく、顔の筋肉を動かしていきます。
写真の女の子の顔、素晴らしいですね。
表情筋が動かせると、しわにならず、若々しい顔でいられます。
しわ改善効果もみられます。
表情豊かだと素敵ですよね。

軫宿 身体部位は手 指をまわして指体操

軫宿は、支える人。縁の下の力持ちで人を活かすことで自分が活きます。
落ち着いていて気配り上手だけど、行動は、スピーディ。頭の回転が早く、臨機応援に対応できる人です。人を見抜く力も鋭いです。
そこで、頭を早く回転させるには、指を動かします。
手先が器用な人は、頭がよい。
指回しをする
左右の指先をつけます。親指同士、人差し指同士と全部の指をつけます。
次に、親指を回していきます。後の4本は付けたまま。
親指同士ぶつからないように、くるくると内回し10回、外回し10回。
写真は、親指を回してます。
終ったら、他の指も一つ一つしていきます。
中指や、特に薬指が難しいですね。これがスムーズに回せたらかなり器用です。
練習すると上手にできるようになるので、やってみてください。
かなりのボケ防止になります。

女宿 身体部位は腹・肚 お腹を緩める

女宿は、プロフェショナル人。上昇志向で影のボス。
自分磨きの達人。これと決めたことは、どんなに時間がかかってもやり遂げます。
コツコツ頑張っている時ってお腹に力が入りますね~。
女宿は、自分に厳しく人にも厳しい。厳しくする時もお腹に力が入ります。
物事が腑に落ちる時ってどんな時?
あ~こういうことかって、頭じゃなく身体で納得する時です。
お腹に力が入っていたら落とせないですね。
そこで、お腹を緩める
1) まず、お腹をさすって力を抜きます。
2) あばら骨の下に指をいれて掴んでいきます。
 急にはできないので、さすりながら徐々にやっていきます。
 裏からちゃんと掴めるようになるとよいですね。
 毎日やって徐々にできるようになります。
3) 骨盤に沿って手を入れていきます。
 やはりさすって徐々に入れていきます。骨盤も掴めるとよいですね。
いつも力が入ってしまっているお腹を緩めていきます。
普段から背骨で立つ、動くをしていきたいです。
それには、骨回りの筋肉インナーマッスルを使いたいです。
お腹を鍛えるってつい、腹筋とかするってイメージがありますが、それだとアウターしか鍛えられません。
アウターばかり使っているとインナーを使わなくなってしまいます。
アウターではなく、インナーを使って動いて生きていると楽になります。
もちろんアウターも必要ですが、いつも使っている必要はなく、必要な時に使えるようにしていきたいです。
それには、普段つい使ってしまっているアウターを緩めていく必要があります。

どの宿のセルフケアも誰がやっても身体によいことなので、宿に拘らず、やってみてください。
今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
できましたらFacebook、Instagram、ブログフォローしていただけると嬉しいです。
LINEもご登録していただけると、月よみ情報だけでなくセルフケア等をお送りします。

月よみ師のプロフィール

笑子(にこ) 月よみ師
自然妊娠アドバイザー 月よみ師笑子(にこ)です。
東京下町在住。認知症の母と夫、娘の4人家族。
子供を産んでから体を壊し、持病だらけで薬をいっぱい飲んでいましたが、
ヨガや心の勉強で自分の心のあり方が病気を作っていることにきづきました。

薬をやめて、自分で病気を治そうとセルフケアをした結果、めまいや手の病気をコントロールできるように。
月よみの宿曜を学び、子供や母親との関係性を知ったことで、確執に対応できるようになってきました。

私は結婚前から不妊治療をしていましたが、自然妊娠で子どもを授かりました。
現在は、これまでの私の経験と、ヨガ、カウンセリング、整体、月よみなどの知識を融合して、妊活している方の応援をしています。