【月星座×ツボ】月がおうし座にいるときに触る“ツボ”

こんにちは。月よみ鍼灸師 小林怜子です。

【月星座×ツボ】シリーズ第2弾は、【月おうし座×ツボ】です。

『月』は、1つの星座に約2日半滞在して、次の星座へと移っていき、約28日かけて12星座を巡ります。

占星術では、『月』は、感情、本能、潜在意識、感受性などを表し、安心安全な場を求め、「満たされたい」「安定したい」「安心したい」と思っています。

星座のそれぞれの特徴に合せて、その星座に月がいるとき、自分の感情を落ち着かせ安心して過ごすための手助けとなる“ツボ”をお伝えしますので、ぜひそのツボに触れて、自分の心と身体と対話してみましょう!

おうし座の月

本日、2022年7月21日(木)3時22分
『月』はおひつじ座からおうし座に移ります。
そして、7月23日(土)14時10分までは、おうし座に滞在します。

おうし座に『月』がいるとき
・(現実的な)安定、安全、安心感を求める。
・争いごとは避けたい。
・自分のペースを大切にしたい。
・感覚を味わうことで、自分のものにしていく。
・一つの物事にじっくり向き合いたい。

以上のようなココロになります。

そんな月を満たし、安心させるためには、
・自分にとっての心地よさを優先させましょう。
・日々の生活の安心安全を大事にしましょう。
・自分だけではできないことは、きちんと“できない”ということを認め、人からのサポートを受け入れましょう。
・五感を楽しませるようなことをすると良いでしょう。
(美味しい物を食べる、好みの香りを嗅ぐ、スキンシップをする・触わり心地の良いものに触れる、好きな音楽を聴く等)

その手助けになるツボにも触れてみましょう~。

月がおうし座にいるときに触って欲しい“ツボ”

首の緊張をゆるめ、神経の緊張を落ち着かせ、おだやかでゆったりとした心地良さを感じ、五感を感じるための器官(目・耳・鼻)を活性化させましょう。

●風池(ふうち):首と頭の境目(髪の生え際)の中央と、耳の後ろの飛び出てる骨との間で凹んでるところ

風池は、
耳の聞こえを良くする。目がよく見えるようにする。風邪を取り除き熱を下げる。体表防御作用。頭部の余分な熱を取り安眠を得る。脳の働きを健やかにする。筋の動きを滑らかにし経絡の流れをよくする。筋肉を強くする。という作用があります。
風邪、めまい、頭痛、発熱、首の痛み、背中の痛み、眼・鼻の疾患、耳鳴り、難聴、高血圧、
甲状腺肥大、不眠、などのときに使います。

●大椎(だいつい):下を向いたときに、首の付け根でポコッと飛び出てる骨の下(首の骨と胸の骨の境目)

大椎は、
全身の陽の気を調整する、精神安定、邪を取り除き痛みを止める、熱をとる、などの作用があります。
発熱、熱中症、風邪、喘息、異常に出る汗、頭痛、肩背部痛、癇癪(かんしゃく)、うつ、湿疹などの時に使います。

ツボ押しは、ジワーっと心地よい強さでゆっくりと3秒指圧し、ゆっくりと圧を緩める、というのを3回繰り返しましょう。

自分の心と身体の巡りをよくするために、月の巡りに合せて、自然のリズムに沿った生活を送ること。
オススメです。

そのきっかけとして、月のいる位置の星座に合わせたツボ押し、ぜひやってみてくださいね。

次回は8月19日に月がふたご座にいるときに触る“ツボ”をお伝えします。
それでは、また来月お会いしましょう。

小林怜子でした。

~お知らせ~
現状を変えて持続する幸せを得るための、パワーとエネルギーが循環する心と身体を作るお手伝いを、鍼灸施術やオンラインでの個人セッションで行っています。

詳しくはブログから
”自分軸”を取り戻す! (ameblo.jp) 

月よみ師のプロフィール

小林怜子 月よみ師
"はり師・きゅう師歴20年。月よみ師®。2児の母。

整形外科クリニックや総合病院のリハビリ室に鍼灸師として勤務し、延べ1万人以上の患者さん達と接し、我が子の喘息・アトピー、実母の癌闘病とも向き合ってきた中で、
「元気な時から自分の心と身体に気を配り、体調の変化に気付ける人を増やしたい」という想いを持ちました。

自身の切迫早産の経験から、月の満ち欠けと人の心身の関係をより深く学びたいと思っていた時に出会った“月よみ”を利用し、情報発信をしていきたいと思っています。

2015年、1人1人の患者さんとじっくり向き合いたいと想い独立し、こばやし鍼灸院開院。
心と身体の滞りを取り除くことで、痛みや症状が取れるだけでなく、その後の人生が豊かになっていくことを目指した施術を提供しています。"