熱いエネルギーの流れを響かせる「星座deからだコンディショニング」 しし座編

こんにちは!
ココロとカラダと自然をつなぐウェルネス健康トレーナーの森 雫(もり しずく)です。

7月23日から太陽星座はしし座になりました。あなたは「獅子」というと何を思い浮かべますか?

百獣の王、誇り高い王様、強者、リーダーシップ、富、力、太陽、エナジーあふれる感じ……
日本でいうと獅子舞を思い浮かべる方もいるでしょうか?

占星術や数秘では、8月8日をライオンズゲートとよび、太陽からのエネルギーが強く降り注ぐ日と言われています。

地球が太陽から受け取る“目に見えないエネルギー”がピークになる日。

8という数字が2つ並ぶことが経済的な豊かさや活動的な力を示します。意識がより高い次元へと向かい、古い意識が新しい意識に交代、変化していく時です。

毎年一定のこの時期にパワーが降り注ぎます。7月26日ごろから徐々開き始め、8月8日をピークに8月12日くらいにゆっくり閉じるとされています。まさに今、どんどんと開いていっている時。

「星座deからだコンディショニング」とは、星座を通じて身体の中のあなたの可能性を目覚めさせ、ごきげんに生きるためのからだコンディショニングツールです。

今月は、そんなパワフルな、しし座の時期のコンディショニング!

以下は活用の参考例です。使い方は無限大。あなたなりの素敵な使い方を発見したら、是非教えてくださいね!

☆「星座deからだコンディショニング」の活用法

【1】太陽星座がその星座にある期間、例えば7月23日~8月22日の太陽星座がしし座にある期間にその時期の「季節のコンディショニングとして万人共通的に」使う。

【2】月星座は2~3日で移動していきますが、「月がその星座にいるとき」に使う。例えば7月28日15:36~7月31日3:09はしし座に月がいます。月は宇宙と地球をつないでくれる存在であるので、その時の「宇宙のエネルギーを自分にチャージ」する感覚(これも万人共通的)でやってみる。

※月が今どの星座にあるかは、新月スタートの月カレンダーでわかります→ 月よみカレンダー

【3】「太陽星座がしし座」、つまり7月23日~8月22日生まれの方が、自分の目標に向かって人生を楽しむパワーが欲しい時にやってみる。

【4】「月星座がしし座」の方が、自分の魅力や才能の力を引き出したいタイミングでやってみる。

月星座はこちらから検索できます。 → 月とあなたの関係を調べる

宇宙上の太陽星座のある時期に合わせて1カ月に1つずつ「星座deからだコンディショニング」をご紹介しております。

では今月の「しし座」のからだの世界へいってみましょう!
ライオンキングの歌「サークル・オブ・ライフ」を思い浮かべて、太陽や月に向かってお腹の奥底から遠吠えするイメージをもつとエネルギーがより高まるかもしれません!

しし座とカラダの関係

しし座を支配する身体の部位は、「心臓」です。もっと細かく言うと、胸腔、大動脈、わき腹、中枢神経系に関係します。

心理的には、「活力」にあらわれます。活力があるので無理をしすぎることや自己表現と創造性の低下や思い込みなどが病気につながりやすいと言われています。

私たちの身体の中を流れる血液。特に動脈は自分の中心「心臓」から規則的なリズムで体中に送り出していきます。そして身体の外と内の熱バランスが血液の運動をひきおこすことにも関係していると言われています。外の動きに左右されず、独自のリズムをたんたんと刻み、ドーンと構えて「我」を貫きます。

逆に静脈やリンパの流れなど回収系の血液の流れは、身体の中や外の細かい情報に柔軟に対応し、異物を撃退したり、老廃物を回収したり、末端の筋肉の力で移動していく反対の動きです。

「心臓」は内臓系の中心ですが、前回ご紹介したかに座の機能「肺・胸腺」と母子関係として、「母のかに座」の呼吸や免疫の流れに守られ、「愛の鼓動」を支えてもらっています。

また、心、精神としての「私」の生じる部分でもある「心臓・ハート」。私が私であるための「自我」は、行動や意識の主体でもあります。

外からの状況に左右されずに、「自分の熱量」「リズム」を維持していく、変わらない「意志」「表現」「創造」「誇り高さ」を貫いていく性質であり、外に自分の熱量を出し「熱感覚」で体温を維持していきます。

自分の理想を堂々と華やかに放っていく原動力。「自我」も血液が広がっていくように、創造精神や遊び、楽しさを自分の中心から外へ広げていく流れとパワーをもっているのです。

ですので、「しし座の身体」は「自らの熱い意志の流れ」「内なる支えの中心」を象徴するといえます。

しし座・からだコンディショニング

自分の中を流れる熱い意志の流れ、内なる支えの中心を感じるには、まずは「グランディング」をしてみましょう

大地、地球と自分をつなげ、ずっしりと自分の軸、いまここに自分の身体があることを感じることができます。
ココロとカラダのエネルギーのバランスが取れ、自分の中の力強さを感じて、集中力も増す感じもするかもしれません。

グランディングのやり方やその際のおすすめの音楽などについては下記でご紹介しています。まず、こちらをやってみてくださいね。
根を張り、内なる獅子が目醒める。「月リズム・バランスコンディショニング」 グランディング編

今回はさらに、このグランディングのもとに、ライオンズゲートから届く“エネルギー”を取り入れ、「自分自身」をより輝かせていく方法をお伝えしていきます。

【しし座・からだコンディショニング】

  1. グランディングの姿勢をとります。そして深呼吸。

2. あくびをするようにして、喉の奥をひらきます

3. 喉は空けたまま、唇を閉じて「ん~~~」と鼻歌を歌うように声を出します。声を鼻に抜かしメロディーを奏でる「ハミング」です♪
筋肉の力は抜いてリラックスしながら心地よく笑顔でいきましょう。

4. 身体のいろんな場所に手を当てて、ハミングの「ん~」の音を体内に広げていきます。今回は3つの場所に絞ってやってみます。
 4-1 まずは鼻です。自分の鼻を、人差し指と中指を立てた両手を軽くあて、鼻に 「ん~」の音が手に振動が伝わるように響かせてみます。
 4-2 次は胸です。胸の真ん中に両手のひらをあてて、心地よく響かせてみましょう。音程や音量を変えたり、首の角度を前後上下に少し動かしてみたりしながら一番響く形を探してみます。かすかでも手がぶるぶると震える感じがあれば大丈夫です。
 4-3 最後はおへその下「丹田」です。両手を重ねて下腹にあてます。最初は少し難しいかもしれませんが、お腹を膨らませるようにしながら、丁寧に繰り返し意識を向けてやっていくことで、響かせるコツをつかんでいけると思います。丹田は少し低い音の方が響きやすいです。

5. 一通りできたら、上から下の順番で息継ぎなしの一息で全部の場所を続けてやってみましょう。「鼻」「胸」「丹田」でゆったり一息です。上手に出来てくると、足の裏の踏みと背骨の伸びが、下と上に引っ張りあう広がりを感じることが出来るようになります。

身体にハミングを響かせようと意識していくことで、足の裏が地面に吸い付いていく感じも増し、内側の自分を感じる「内観」の練習にもなります。

自分への信頼感が生まれ、カラダもココロもスッキリしていくことでしょう。

またそれに伴って自然と、普段の「声」も美しく大きく出るようになっていきます。

グランディングしながら内なる響きを楽しむことで、エネルギーが増し、「大切にしたいものを感じる力」や「意志」「自分リズム」が強化されていくのです。

7月29日はしし座の新月です。ライオンズゲートで太陽からのエネルギーがより降り注ぐ中で、月のピュアなエネルギーも受け取り、調和する時。

静かな時間を持ち、身体の響きに感覚を研ぎ澄ませてみましょう。

自分なりのこれからの方向性、心の熱量を感じ、さらに足裏からエネルギーを吸い上げて、大きく広げていってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの持つ可能性をミクロの細胞レベルからマクロの宇宙の視点まで幅広く見つめながら開花させ、健康でありたい・若々しく元気を維持したいという方々へのホリスティックサポートを行っています。よかったらホームページもご覧ください。
→ SmiRing Harmony

月よみ師のプロフィール

森 雫 月よみ師
健康パーソナルトレーナー
ファスティングマイスター
東京・世田谷区在住

自然と子供好きが高じて、福祉・環境教育・旅行業に携わる。
出産を機に身体の可能性に魅せられ、解剖学や生理学を学びトレーナーの道へ。

家族の生死をさまよう病気や障害と向き合い「生命の本質」を求め体当たりする中で気づく。

健康の3要素といわれている運動、栄養、休養だけではうまく機能しない。
自己蘇生力が開花するポイントは、宇宙や自然と共にある!

そんな中、月よみに出会い、ココロとカラダのつながりを学ぶ。

現在はその人本来の姿に「今」を近づけ、本当の健康と心底からの笑顔を手に入れるためのホリスティックな身体づくりのサポートをしています。

生きとし生けるものに湧き上がるエネルギーを♬