いて座下弦の月は「あえて寄り道」をしてみよう!

こんにちは!
色と月の力を借りて心地よい人間関係作りをお手伝いしている、色彩占術師 ちかです。
月は3月7日におとめ座で満月を迎え、3月15日のいて座下弦の月へと向かっています。
空を見上げれば、毎日少しずつ欠けていく月を見ることができますね。
満月→下弦→新月→上弦と、月には4つの節目となる時期がありますが、次に迎える下弦の月、その節目の日には、どのようなことを意識すると良いのでしょうか?

下弦の月とは、満月から少しずつ欠けていき半月に見える月。
つまり、満月でいったん何かしらの結果を迎えた出来事を見直し、次の新月で新しいスタートを切るために不要な物事を手放していく時期になります。

満月の日に、あなたはどのような結果を手にしましたか?
それは、あなたが望む形・内容でしたか?
もし、「何だかうまくいかない」「こんなことを望んでいない」と思っているとしたら、何がいけなかったのでしょうか?
それを考察・検討するのが今回のいて座下弦の月なのです。

いて座で下弦の月を迎えるとは、どのような意味があるのでしょうか?

いて座の特徴は、弓矢の姿そのままに、ピュンと自由に好きなところへ飛んでいく「自由」であることです。
束縛を嫌い、楽観的で常に上を向いている。向上心も高いです。
自由にあちこちへ飛んでいくフットワークの軽さ、そして柔軟な思考を持っています。
あれがダメならこっちの方法でどう? それがダメならこんなことでどう? と、細かいことを気にせず、あの手この手と次から次へ方法を変えていきます。
そして、目標や目的に向かって一直線です。
とにかく何かに留まっていることができません。

従って、1つの場所に留まってルールや規則に縛られながらじっと同じことをし続けるということは、いて座にとって非常に苦痛なこととなります。
仕事においても、常に目標を立て、その目標を達成するためにはどうするか、どういう方法なら達成できるのかをあの手この手を試しながら達成していきます。
達成したのちは、周りから称賛されてもそこに留まることはなく、次の新たな目標を立てて前へ進んでいきます。

いて座という星座は、とても向上心が高く楽観的な思考を持っているため多少のことではへこたれません。
何とかなるだろう、何とかできるはずだと、常に「達成」という二文字が頭の中にはあるのです。
弓矢が力強く的を射抜くように、目標という的を射抜く力は非常に強いといえるでしょう。
「誰かの役に立ちたい!」
これが、いて座の信念でもあるのです。

そんないて座に今回は下弦の力が加わります。
いつもは自由に飛び回り、細かいことを気にしないけれども、この日だけはちょっと立ち止まって現状を確認してみることがお勧めです。

自分が成長するため、新たなステップを踏み出すため。
そのためには「今」自分がどういう場所にいるのか確認してみることが必要です。
現状がわからなければ、どう変化してよいかもわからないし、何をしたら良いのかもわかりません。
何かうまくいっていないと感じているとしたら、どうしてうまくいかないのか、どうしたらうまくいくのか、自分が望んでいる状態とはどういうことか、そういう「目的・目標」となることをじっくりと見つめ直してみることが必要なのです。

いつもはしない「寄り道」。
いつもは避けて通るような「無駄なこと」。
普段だったら、いつもだったら行わないようなことを敢えてしてみることで、新たな発見があったりアイデアが湧いてくることでしょう。
そういう経験をしていくことが、あなたが「目標」とすることへの近道だったりするものです。

いつもはしないことをする。
これって、実はすごく勇気がいることでもあります。
しかし、今回はいて座のパワーもありますので、いつもは「怖くてそんなことはできない」ということでも、案外軽々とできてしまうかもしれません。
それも、「私って、こんなこともできるんだ!」と、あなたにとって大きな自信となり貴重な経験となることでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
また次回、お会いしましょう。
色彩占術師 ちかでした。

あおいくまチャンネル

ゆるゆるとラジオ配信しています
↓↓↓
あおいくまチャンネル | stand.fm

月よみ師のプロフィール

智香
" 月よみカラーカードセラピストの智香です。
私は、2016年まで普通のOLでした。
行政書士事務所に勤務し、心とは無関係な環境にいました。
しかし、
事務所の所長が急逝したことをきっかけに私の業務や勤務環境は一変。

その頃、偶然目に留まったカルチャーセンターでの生徒募集の文字。
その広告がきっかけでカラーカードセラピーに興味を持ち始め「色と心の関係って凄い!」と実感するようになりました。

その後、職場でストレスを溜め続けた結果、仕事に行くことが困難なほど体調を崩し退職。
それが転機となり、カラーカードセラピーを深め月よみを学び、月星座とカラーカードの読み解きを組み合わせることで心のモヤモヤを解決できる!と実感しました。

現在は月よみとカラーカードを使って、働く女性が「心の健康を保ちながら自分らしく生きている!」という実感を持って過ごせるようになるためのサポートをしています。"

マガジン内検索